iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

MP3からiPHONE着信音をつくる

お手持ちのMP3ファイルからiPhoneの着信音をつくる方法を紹介します。




基本的にiPhoneもiTunesでもMP3形式のサウンドファイルを認識してくれますので、MP3形式を着信音のファイル形式であるM4Rに変換すればよいわけです。。


順番はこういう感じ。

①MP3ファイルをiTuneに取り込んで、AACファイルに変換。

②AACファイルをデスクトップに落として、ファイル形式の書き換え。

③iTunesに戻して、iPhoneと同期する。

これだけです。


かんたんなので、さっそくやってみます。


まずはお手持ちのMP3ファイルをiTunesに取り込んでください。

iTunesが起動している状態でファイルをドラッグ&ドロップすればOKです。


【注意】DRM(デジタル著作権保護)のかかった曲は着信音にできません。


(こちらは参考までにどうぞ)
>>CDの曲をiPhoneで聞く(CD取り込みのところで、AACを選択します)

>>Youtubeを保存してMP3にする方法



スポンサーリンク




①MP3ファイルをAACに変換する




つぎにiTunesでファイル変換の設定をします。

「編集」>「設定」をクリックしてください。

一般タブの中にある「インポート設定」をクリックします。


インポート設定をAACに変更する


「読み込み設定」が開きますので「インポート設定」を「AACエンコーダ」に
選択してください。

終わったら「OK」で設定タブを終了してください。






次は曲長を変更します。

着信音にしたい曲を右クリックして「プロパティ」を選択してください。

プロパティを選択します



プロパティの中にある「オプション」タブを選択すると、開始時間と停止時間というボックスがあります。

オプションで曲長設定する



この開始時間~停止時間を30秒以内に書き換えます。

この書き換えた30秒以内が着信音となりますので、調整してください。


※iPhoneの着信音の長さは40秒までですが、まれに30秒を超えると認識せずに同期したiPhoneに表示されない場合があるようです。この場合の対処として曲長を30秒以内にすると認識してくれます。

今回は0:00~0:30でセットします。

「OK」を押します。




次にもう一度着信音にするMP3ファイルを右クリックして「AACバージョンを作成」をクリックします。

AACバージョンを作成をクリック


すると元のMP3ファイルからAACファイルに変換されながら、曲長が30秒のファイルが作成されます。

iTunesがAACに変換





※着信音の元になったMP3ファイルが30秒しか再生されない状態になっているので「プロパティ」から停止時間のチェックを外しておいて下さい。



スポンサーリンク




②AACファイルを着信音に書き換える




次に作成されたAACファイルからiPhoneの着信音のファイル形式に書き換えます。


まずは作成された30秒のAACファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップしてください。

デスクトップにドロップ


僕の場合はRealPlayerのアイコンで曲名が「07 Raise Your Hands.m4a」となっています。


この.m4aという拡張子の部分を.m4rに書き換えます。



警告はOKをクリックする


警告が出ますが気にせずに「OK」をクリックします。


すると下のようなアイコンになり、iPhone用の着信音の形式に変換されます。

RingToneファイルに変換



アイコンの拡張子が表示されていない場合、以下のサイトをご覧下さい。

>>■拡張子を表示させる方法
http://support.microsoft.com/kb/882195/ja



次はiPhoneに同期していきます。




③RingToneファイルをiPhoneに同期する

出来上がったRingToneファイルをiTunesにドラッグ&ドロップして戻します。

iTunesにドラッグ&ドロップで戻す


※iTunesに戻す前に着信音の元ファイル(30秒AAC)を必ず削除しておいてください。
間違って元のMP3を消さないように注意して下さい。




するとライブラリの中にある「ミュージック」ではなく「着信音」に入っています。

着信音として登録される

着信音ファイルとして認識されていますね。



次にiPhoneをUSB接続します。

デバイスに接続したiPhoneが「○○のiPhone」と表示されるので、先ほどのライブラリの「着信音」ファイルをデバイスにある「○○のiPhone」にドロップします。(○○はPCの登録名です)

iPhoneに同期する

すると自動的に同期が始まります。


同期が完了したら、iPhoenを取り外し「設定」>「サウンド」>「着信音」で確認してください。

iPhoneに同期された状態

バッチリ、着信音に登録されていますね♪


この他、MP3ファイル以外のWAVファイルなどでもiTunesでは着信音をつくることができます。



また、デバイスから着信音タブをクリックすると、同期されている着信音が表示されます。




同期しなくてもいい着信音はチェックを外しておくと、iPhoneに取り込まれないので管理がしやすくなります。


>>お気に入りCDを着信音にする


>>Youtubeを着信音にする


スポンサーリンク




「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ





□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード
クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!



▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| 着信音 | 05:41 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ありがとうございました!

コメント通りに置き換えたm4aを削除して、(曲名が長すぎるとダメみたいな話も探したらあったので)曲名を短く編集しなおしたら着信音として認識されました!
ありがとうございましたm(_ _)m

| nayu | 2015/06/01 11:07 | URL |

Re: ご質問よろしいでしょうか?

iPhoneと僕を見てくれて、ありがとうございます。
記事中のデバイスはiPhone4と古~いiTunesですが基本線原則のところは変わってないと思います。
記事で書いていないところがあったので、補足します。
①DRM(著作権保護)がかかっている曲は着信音にできません
 (プロパティ>概要タブ>種類のところが、保護されたAACになっていると×)
②m4rに書き換えた後、iTunesに戻す時に元のm4a30秒の曲が残っている。
 (僕はm4aを移動するようにしていましたが、itunes上の元の曲(作成したm4a-30秒)を削除⇒ゴミ箱に入れる)同期がうまくいかないようです。
注意するところは、②のところで大元のMP3を消さない様にすることです。
あと、ios8は39秒まで着信音で行けるみたいですが、検証してないので?です。
少し長くなりましたが、頑張って下さいm(_ _)m

| iphone4と僕 | 2015/06/01 06:10 | URL |

ご質問よろしいでしょうか?

ご質問よろしいでしょうか?
私は、iPhone6のiOS 8.3を使用しています。
拡張子の部分を.m4rに書き換えて、取り込むところまでは出来るのですが、取り込み先が着信音にならずミュージックライブラリにはいってしまい、着信音が作れません。
iPhoneに同期しても、ミュージック扱いの35秒の曲として認識されてしまれました。音も問題ないのですが、着信音になってくれない...どうしていいか分からず、困っています。何が悪かったのでしょうか?迷惑でなければ知恵をお借りしたいです。

| nayu | 2015/06/01 01:33 | URL |

Re.参考にしてください!

>>ありがとうございます!
  いろいろと便利なソフトがあるんですね♪

| iphoneと僕 | 2014/08/22 06:22 | URL |

http://matome.naver.jp/odai/2138601801248163601
参考にしてください!

| まとめ | 2014/08/21 12:09 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT