iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

撮ったムービーを「ビデオ」アプリに保存する

撮ったムービーを「ビデオ」アプリに保存する


iPhoneにデフォルトで入っているカメラで撮影したムービーをiPod「ビデオ」で見るように保存する方法を紹介します。
※ios5にアップグレードして、iPodから「ミュージック」と「ビデオ」にアプリが分かれています






カメラで撮影したムービーは1分間で約100MB近くのファイルサイズがあるので、そのままにしておくとどんどんメモリーを圧迫してしまいます。

とはいえ、一度撮ったムービーは大切に残しておきたいもの。

(わざわざビデオカメラを持ち出さなくても、いつでも気軽にムービー撮影ができるのがiPhoneの良いところなのです)


手順としては・・・

①カメラロールからPCに保存する
  ↓
②保存したムービーをiTunesでiPhoneに同期する


たったこれだけです♪

ぶっちゃけ(* ̄∇ ̄*)v



では、さっそく!



スポンサーリンク







①カメラロールからPCに保存する



まずはカメラロールにある撮ったムービーは、パソコンに取り込みます。


動画ファイルとしてPCにバックアップしておきましょう♪





iPhoneをUSB接続します。

(カメラウィザードが立ち上がったら、キャンセルして下さい)

「マイコンピューター」から「〇〇のiPhone」を「開く」をクリックします。





するとiPhoneの中にある画像&動画ファイルが表示されます。







動画ファイルは「.MOV」という拡張子ですので、そのファイルをパソコンの適当な場所にドラッグ&ドロップします。

今回は「マイミュージック」⇒「iTunes」⇒「iTunesMedia」⇒「Movies」にドロップします。

しばらく待つと、パソコンに動画ファイルがコピーされます。




これで、iPhoneにあったムービーはPCに保存されました。




これでiTunesといっしょにインストールされるQuickTimeでいつでも動画が見ることができます。


Windowsで見る場合はこちら>>とったムービーをWindowsで見る




PCに保存したムービをiPhoneに同期する


PCに保存したムービーファイルを再びiPhoneに戻します。


iTunesを起動して、先ほどのフォルダにあるファイルを「ライブラリ」にドラッグ&ドロップして下さい。





「ライブラリ」の中にある「ムービー」を選択すると、ファイルがコピーされて、表示されています。




次にそのファイルを「デバイス」の中にある「○○のiPhone」にドラッグ&ドロップします。



自動的に同期が始まって、ドロップしたムービーがiPhoneにコピーされます。






同期が終わったら、iPhoneをパソコンから取り外して、iPodビデオを起動して「ビデオ」をタッチすると・・・










カメラロールにあったムービーがiPod「ビデオ」で再生できるようになりました♪





iPod「ビデオ」の方がカメラロールよりもファイル管理がしやすいので、お勧めです。



iPhoneに入れておきたい時は、iTunesでチェックを入れます。

反対にiPhoneのメモリに空きを作りたい時などは、同期するときにチェックを外しておくと良いと思います!!


iPhoneムービーでズーム撮影できるアプリ!!
video zoom plus
Video Zoom Plus - CodeGoo

Video Zoom Plus
価格:85円



スポンサーリンク






「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| ムービー | 15:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT