iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhone5Sを格安SIMで使ってみた


中古のiPhone5Sを格安SIMのmineoで再利用することにしました。



今回用意した中古のiPhoneはauのiPhone5Sゴールド16GBモデル。





通常、格安SIMというとSIMフリー端末を含むdocomoが主流ですが、mineoはdocomoとauのどちらの端末にも対応しているMVNOです。契約時にdocomoのDプランか、auのAプランを選ぶことができます。それぞれの端末のデータ通信に対応したSIMが利用できるのです。


▼▼mineoのauプランを見てみる



今回はmineo AプランでauのiPhoneを復活させました。



以下がmineoの対応しているauのiPhone機種一覧。



iPhone5Cより上位機種がmineoで利用できるようになっています。(iPhone5、4S、4は未対応)



僕のメイン機はiPhone6なんですが、今回は中古で手に入れたiPhone5Sをセカンドマシンとして、よりアクティブなシーンでバリバリ過酷に使えるiPhoneを作りたくてやってみました。


しかもMVNOで格安に利用環境を作っていますので、紹介します。



▼▼mineoの月々の料金を見てみる




■mineoに申し込む



mineo公式ページからAプラン、iPhoneのSIMサイズであるnanoSIMを申し込み。

プランはmineo Aプラン デュアルタイプ 3GBを選択。月々たったの1510円(税込1632円)♪




データ使用量は利用する状況で賛否あるところですが、YOUTUBEなどの動画をあまり見ない(PCで見る)のと、自宅にWi-Fiがあるので、正直あまりデータは減らない。使っても月1GBいかないくらいのが実態。


電車通勤などになると、ネトゲや動画を見る時間が増えるのでたぶん足らなくなると思うが、とりあえずデータ量変更は月締めで無料で変更できるので、足らなければ増やすで良いと思います。通信量が上限に達しても、4GLTEができなくなるだけ。200Kb/sの低速通信はできるので、LINEなどのメッセージは送信可能。動画は見れないと思いますが・・・。



さっそく届いたmineoのSIM。



カードの中に金色に光る部分がSIMと呼ばれるICチップ。ここに電話番号やらのデータが入っていて、これをスマホにセットすることで電話やデータ通信ができるようになります。


SIMを取り外します。



iPhoneの場合、一番サイズが小さなSIMになり”nano”サイズと呼ばれます。

このようにねじって取るらしい?



こいつをiPhoneのSIMトレイに乗せて。





iPhoneに差し込みます。




SIMを差し込んだままでは圏外のままで、まだデータ通信はできません。



プロファイルと呼ばれるmineoのアプリをインストールし、iPhoneにこのSIMを読み込ませると、iPhoneがmineo(au)の電波をつかまえて通信を始めることができます。



▼▼mineoのauプランを比較してみる




■プロファイル(アプリ)をインストールする



プロファイルとはmineoのSIMの通信設定を自動でしてくれるmineoのアプリのことです。




が、この時点では、まだiPhoneはSIMを認識しておらず、データ通信ができていないので、プロファイルをダウンロードしてインストールすることができません。プロファイルをダウンロードするには、自宅のWi-Fiを使用します。


►► 市販の無線LANでWi-Fi接続するには


Safariでhttp://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfigにアクセスすると、プロファイルのインストール画面にアクセスできます。


↓↓ios用公式サイト
mineoネットワーク設定(iOS端末)




iPhone5Sは下側のmineo-a1をダウンロードしろと書いてありますが、こちらではつながらないのでmineo-a2の方をダウンロードします。


必ずSafariでアクセスして下さい。Chromeや他のブラウザではインストールできません。



インストールをタップします。





警告が表示されますが、そのままインストールをタップします。





続けてインストールをタップします。





これだけでインストール完了です。



これでmineoのAPN設定が自動的に完了しています。



APN設定とはSIMによるインターネット接続のことで、通常であれば設定からネットワークの設定(パスワード入力等)を行う必要がありますが、mineoの場合はプロファイルが全て設定してくれます♪



『設定』→『一般』のプロファイルという欄が追加されて『mineo auプラン』と表示されています。





Androidスマホであれば、APN設定を自分でしなければならないのですが、IOS端末であればこのプロファイルをインストールするだけで、通信設定が完了します(楽チンです♪)



▼▼mineoの料金プランを見てみる



自宅にWi-Fiがない人はマクドナルドなどの公衆Wi-Fiなどを利用して、プロファイルをインストールすることができます。




公衆Wi-Fiの利用にはセキュリティや会員登録等などに賛否ありますが、ご利用にあたっては自己責任でお願いします。当サイトでは自宅Wi-Fi環境の構築をおススメします。


►► マクドナルドの公衆Wi-Fiを利用する



■4G電波をつかむ




auのmineoの場合、プロファイルをインストールしてから、auの4GLTEの電波をつかむのにちょっとかかりました。


プロファイルを入れてもまだ、圏外のまま。


Wi-FiがONになっていると、4GLTE回線を探さないので、Wi-FiをOFFにします。



画面下から上にスワイプして、コントロールセンターを呼び出します。



Wi-Fiをオフにします。


この時点で、アンテナの表示が、圏外や、au 1×の表示の場合、まだ通信ができていません。





一旦、機内モードにします。






そして、機内モードをOFFにします。



au 4Gと表示されたら、mineoのLTEデータ回線につながりました!!




成功です!!

これで、インターネット通信ができるようになりました。



しばらく、4G回線がはずれる場合がたまにありますが都度、機内モードに切り替えると電波をつかんでくれます。何度かやっていると安定してきて、圏外やau1×にならなくなりますた。


iosアップデートの際に、若干圏外やau1×になりましたが、機内モード切替で問題なく乗り切れました。
mineoもios9.3.5対応済みのようです。



iPhone5Sを月々たった1600円で復活できましたよ!!


セカンドマシンとして、スポーツやアウトドアのシーンなどで活躍してくれそうですね!!



▼▼mineoの公式ページを見てみる







「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

関連記事



▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 10:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT