iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

1つのiTunesで2台のiPhoneを同期する


以前の記事で「ライブラリを選択」することで、1台のパソコン(iTunes)でiPhone、iPodなどの複数のデバイスを同期する方法を紹介していましたが、色々なトラブルが散見されましたので公開を取りやめていました。


 アップルの公式サイト(https://support.apple.com/ja-jp/HT201572)で「複数デバイスの同期」が再度公開されたので、今回は別の方法で複数のデバイス(iPhoneやiPod)を1つのパソコン、つまり1つのiTunesで同期する方法を紹介したいと思います。


【注意事項】
ご利用に関しては、操作方法を間違えるとデータ消失の恐れあります。ご利用の際は当サイトの注意事項をご確認の上、バックアップをとって行ってください。



1台のパソコン(iTunes)で複数のiPhoneを同期するには



ご家庭で2つめのiPhoneやiPodなどを買った場合、1台のパソコンつまり1つのiTunesで2台以上のデバイスを同期することになりますが、普通にやると「1台目のiPhone」と「2台目のiPhone」の中身が同じということになってしまいます。




パソコンを2台を持っているご家庭なら、それぞれのPCでそれぞれiPhone(iPodやiPad)を同期すれば問題ありませんが、デバイスがどんどん増えた場合などは大問題です。


つまり「お父さんのiPhone6S」と「娘さんのiPhone5c」が同じアプリ、ミュージック、動画で同期されてしまうということ。


恐ろしいことです。

なので、1つのパソコン、つまり1つのiTunesで複数のiPhone、iPodなどを同期する方法を紹介します。



スポンサーリンク




Windowsで別々の「ユーザーアカウント」をつくって同期する



今回の方法は、Windowsで「ユーザーアカウント」をiPhoneの台数毎に複数作ることで、ユーザーアカウントごとにiTunesが独立してデータやデバイスの情報を同期することができます。


以下、その方法についての良し悪し。

【メリット】
iTunesライブラリをユーザーアカウントごとに独立させることで、同期データが混同することが回避できる。
プライバシー性が高い。


【デメリット】
×ユーザーアカウントごとにログオン・ログオフが面倒くさい。
×ユーザーアカウントごとにiTunesをインストールする必要がある(PCのHDD容量を使う)
×データ(音楽とか)をアカウント間で共有することもできるが、ライブラリのデータはそれぞれ持った方が安全(つまりHDD容量を食う)。


わからない人の為にユーザーアカウントについて簡単に説明を。


Windowsヘルプより
アカウントには、3 つの種類があります。種類によって、コンピューターに対するユーザーの制御レベルが異なります。

標準アカウントは日常的な作業を行うためのものです。
管理者アカウントはコンピューターを最も完全に制御できるものですが、必要な場合のみ使用してください。
Guest アカウントは、主に、コンピューターを一時的に使用する必要があるユーザーのために用意されています。


よくわかりません・・・(;^_^A


追加して使うのは標準ユーザーです。


イメージはこんな感じです。




1台のパソコンに、新しいアカウントを作ってログインすることで、それぞれのアカウントごとに独立してiTunesライブラリのデータを持ってもらおうということです。


別のアカウントでログインしてしまえば、パソコンの中のデータは混ざることはないので、安定して同期できます。
(共有フォルダと共有サーバ(外部HDD、ストレージ)を利用する場合を除きますが)


但し、内蔵HDD(SDD)の容量を食ってしまうことになります。


アカウント毎にファイルが山盛り!?


HDD容量さえクリアできれば、一番リスクが低い、一番安心な方法だと思いますのでオススメしています。



スポンサーリンク




ユーザーアカウントを追加する



【Windows7の場合】

「コントロールパネル」を呼び出します。





「ユーザーアカウントの追加と削除」をクリックします。





「新しいアカウントの作成」をクリックします。





「新しいアカウント名」を入力します。好きな名前でOKです。




「標準ユーザー」を選択して、「アカウントの作成」をクリックします。



新しいアカウントが追加されました。






【Mac OS Xの場合】
ほかのユーザアカウントを設定する方法は、OSごとに公開されています。おまけでリンクを貼っておきます。

(APPLE公式サイト)
OS X Mountain Lion v10.8
OS X Lion v10.7
Mac OS X v10.6 Snow Leopard



新しい別のユーザーアカウントでログインしなおす



新しいユーザーアカウントを作ったら、そちらのアカウントでログインしなおします。


左下のをクリックします。


開いたメニューの「シャットダウン」の右側の「►」をから「ユーザーの切り替え」をクリックします。





「ようこそ」画面にあり、登録されているユーザーのアイコンが表示されますので、新しく作ったアカウントをクリックします。





新しいアカウントでログオンされます。



1回目のログオンはちょっと時間がかかります~♪



新たにiTunesをインストールします。



インストール方法はこちら
↓↓↓
PCにiTunesをインストールする



後は、iTunesを起動した状態で、新しいiPhoneなどのデバイスをUSBでつなぎますが、iTunesが勝手に同期を始めないように設定を変更しておきます。





iPhoneに同期したくないタイミングなどで、ファイルの管理がしやすくなります。


【参考記事】>>iPhoneを接続した時にiTunesを起動させない方法



パソコン(iTunes)⇒iPhoneに強制的に同期がデフォルト(初期)の設定で、自動で同期してくれるのは便利な機能なのですが、間違った情報を勝手に同期されるのが、結構悪さをしてくれていますので、これは絶対やっておくと良いです。



次回からは、デバイス(iPhoneやiPod)ごとに、ユーザアカウントを切り替えてをiTunesの同期をして下さい!


スポンサーリンク



同期で注意すること



iTunesの同期で気をつけてほしいのは『同期とはPCのライブラリのデータをiPhoneにコピーする』という原則です。


itunes-fukusuu-douki3.png
こういうこと!!


iPhone側のデータをパソコンのiTunesにコピーすることはできないので、ご注意を!!


【注意】アカウントが正しく選択されていない状態で、iPhoneなどのデバイスをつないで同期してしまうと、iPhoneのデータが上書きされてしまうので、注意して下さい。



ただiTunesライブラリにあるメディアデータは、iTunesのフォルダを削除しなければ残っているので、もう一度iTunesにコピーし直せば、データは復旧するはずです。


Windowsの場合、デフォルト(初期設定)なら「ミュージック」⇒「iTunes」⇒「iTunesMedia」に音楽などのデータが保存されています。





 「前のユーザーアカウント」から「新しいユーザーアカウント」に移動したい場合、iTunesライブラリのデータをコピー(バックアップ)しておくと、前のデータを復元して同期することもできます。


自動で同期されるのを停めておく設定にしておくのは、間違ったアカウントのiTunesデータが勝手に同期されるのを防ぐ為ですので、ぜひやっておいてください。


【参考記事】>>iPhoneを接続した時にiTunesを起動・勝手に同期させない方法







iTunes以外でファイル管理する




またiTunes以外のソフトウェアでiPhoneとデータ同期する方法もオススメです。

ifunBoxはiTunesを使わず、iPhoneとPCを同期してくれるソフトウェアです。




フリーソフトなので、無料でダウンロードできます♪








写真などがサムネイルで表示されますので、とても見やすく、ドラッグ&ドロップでパソコンに取り込むことができます。


ifunBoxを利用する場合も、iTunesの自動同期はOFFにしておくといいと思います。



さらにifunBoxを使えば、2台同時にファイル管理をして同期することもできます。










ご参考まで!


【オススメ記事】>>>iTunesカードを無料で手に入れる方法


「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ


関連記事



▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 08:34 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/08/03 11:00 | |

前のダウンロードデータが全て消えちゃったよー
これ危ないからやらに方がいいね

| oo | 2015/09/12 12:39 | URL |

ありがとう

詳しく教えてくれてありがとうございます。大変参考になりました。

| たけのこ | 2015/05/14 16:32 | URL | ≫ EDIT

まず設定を呼び出しますってどこの設定だよカス
分かるように書けよ糞野郎
ホントつかえねぇわ

| ぐん | 2015/05/03 19:07 | URL | ≫ EDIT

お陰様で…

一つのPCで、私と妻のiPhoneを別々に同期できるようになったと喜んでいましたが、私が取り込んでいた音楽が全て消え、連絡帳は私と妻の連絡先は2人のが一緒になり、画像はそれぞれ二重に保存されるという、訳のわからない状態に…。
本当に腹立たしい状況になりましたが、お決まりの「失敗は自己責任で」のコメントだけはきちんと記載されてますね。
こういった危険性がある事をしっかり検証した上で、この記事を掲載しましたか?
親切のつもりで掲載しているのでしょうから、訴えたりはしませんが、この記事の通りの事を実行する事で、個人情報保護法に触れる危険性に繋がりかねない、非常に問題のある方法です。
これ以上被害者が出ないように、早急に誤りを認め、訂正記事を掲載してください!

| 吉永 | 2015/04/13 20:20 | URL |

ありがとう

すごい、1つのiTunesで2台のiPhoneを同期する方法を詳しく教えてくれてありがとうございます。大変参考になりました。

| ネギ | 2015/03/30 18:49 | URL | ≫ EDIT

Re: はじめまして!質問させてください!

すみません。
ちょっと時間が持てていないので、調べきれておりません。
appleIDでicloudにバックアップする方法と、itunesにバックアップする方法があります。
itunesは「概要」から「今すぐバックアップ」でできます。
同期に関しては大丈夫とは思いますが、softbankに詳しく書かれていたのでこちらでお願いできますか?

Windows>> http://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/data-itunes/addaddress/

MAC>> http://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/data-itunes/addaddress-mac/

連絡先を保存バックアップするアプリもあるようです。
データ管理は操作環境にもよるので、保証できません。ごめんなさい。よろしくお願いします。

| iphoneと僕 | 2014/10/14 05:25 | URL |

はじめまして!質問させてください!

複数のデバイス管理で検索してこちらに辿り着きましたnecoと申します。
大変参考になりました!が…すでに3台のデバイスを一つのライブラリに同期しており連絡先など一緒になると困るので今まで同期しておりませんでした。
この度、私のiPhoneが不調で買い替えを予定しておりますが電源が入らなくなる前にバックアップを!と思いPCに繋ぎましたがココで連絡先などの同期問題に気づきこちらへ辿り着いた次第です。
ライブラリを追加できることは理解しました!が、既に使用中のデバイス達は新しいライブラリに繋げてもデータは消えるということですよね??
長文、大変申し訳ありません>_<

| neco | 2014/10/14 02:33 | URL |

最高

複数バックアップの解説、色々検索してみたけどapple のサイトはまず分かりづらいし他もよくわかんないしで困ってましたが
ここ最高にわかりやすかったです。神。

| aaa | 2014/10/12 21:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT