iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

SoundEngineの使い方

SoundEngineはWAVファイルを編集するためのフリーソフトです。

着信音をつくるときにWAVファイルを編集するのに使います。

【参考記事!】



SoundEngine



非常に画面が見やすく、操作性もバツグンで、とても細かいレベルでの切り取りや貼り付け、フェードイン&アウト、イコライザーなどの機能を備えています。

使いこなせるようになると、思い通りの着信音が作れるようになるので、ぜひオススメしたいソフトウェアです。


まずは以下のサイトからソフトをダウンロードしてください。

【窓の社】SoundEngine - 無料
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/soundengine.html



詳しいインストール方法はこちら>>
【無料で着うたをつくる方法】
http://chakuuta919.blog112.fc2.com/blog-entry-19.html




不要な部分を切り取る



曲を聞きながら波形を確認します。

iPhoneの着信音にする場合、曲の長さを30秒以内にする必要があります。


操作ボタンを使って、何回も再生して波形を確認してください。波形はかなりのレベルまで表示されているので細かい微調整が可能です。




カットしたい場所から、左右にドラッグすると波形の色が黄色、バックが黒に色が反転してカットする部分を選択することができます。




カットする部分のドラッグが終わったら右クリックして「切り取り」を押します。

すると反転した部分がカットされて、白バックの部分だけ残ります。



カットしすぎたり、場所を間違えた場合は「元に戻す」ボタンでひとつ前に戻すことができるので、大丈夫です。




曲の前後の端をカットして着信音にしたい部分だけ残したり、また曲の間をカットして前後をつなげたりすることもできます。


波形がかなり細かく表示されているので、かなり高いレベルで曲の調整ができます。




■フェードイン・フェードアウト



だんだん音が大きくなったり、小さくなっって消えていくフェードイン・フェードアウトにすることも可能です。

やり方は切り取る場合とほとんど同じで、ドラッグでフェードをかけたい部分を選択し、右クリックでメニューを呼び出して「フェード」から「フェードイン」か「フェードアウト」を選択します。

フェード設定


徐々に音が大きくなるのが「フェードイン」、逆に小さくなっていくのが「フェードアウト」です。

ドラッグして選択する範囲(時間)を長くしたり、短く調整することでフェードの感じが変わります。フェードの区間を長く取ると、自然なフェードになります。


またフェードの感じを調整できる「リアルフェード」もあります。



「カーブ」の%を調整すると、より滑らかなフェードをかけることができます。

いろいろと試してみてください。





■音量レベルを上げる




古いCDやストリーミングから音源を取ってきて着信音にした時に、音が大きすぎたり、小さかったりします。

そんな音源はWAVファイルに変換して、SoundEngineで音量アップすることができます。


「音質」→「1バンドイコライザー」をクリックします。





イコライザーの中にある「音量」ダイヤルをマウスで回して調整します。





どれくらい上げれば良いかは、波形と実際にPCからの音量で調整してください。

(それぞれのPCによって「スピーカー音量≠iPhoneの音量」なので注意してくださいね)


失敗したら「元に戻す」で何回でもやり直せますので、丁度良いレベルを探します。




元音源の音質が悪い場合、音量を上げるとノイズ(雑音)も大きくなってしまいます。

特に高音のノイズは着信音にした時にかな~りチープに聞こえますので、調整方法として「3バンドイコライザー」を使います。




高音、中音、低音の3つのパートで音質と音量を調整することができます。

3つのパートを上げれば、音量を上げなくても、全体的なレベル、ゲインを上げることができます。

高音のノイズをカットするには【高音】のレベルを下げます。【中音】は丸みのある太い音にできますが、上げすぎると昔のラジオみたいな音になります。【低音】は音割れするので低めにするのがオススメです。


やりすぎるとこんな風になります・・・(汗)




しかし「表示される波形の大きさ≠音質・音量」ではないので、あくまで元音源に対する表示ですので、実際に聴きながら調整してください。





■保存する




出来上がった編集済みファイルを保存します。




「保存」をクリックすると、元音源ファイルを上書き保存します。


iPhoneに同期した後、再調整する場合があるのでここでは「別名保存」を選んだほうが良いです。



「別名保存」を押すと、保存先フォルダを選ぶように表示されます。




WAVファイル専用にフォルダを作るか、どこかテキトーなところに名前をつけて「保存」をクリックして下さい。




こうしておくことで元ファイルが残っているので、もし出来上がった着信音がイメージと違っていた場合に、いつでも手直しすることができます。


いじくったファイルを残すよりも、調整前のファイルを残すことで調整の方向性がつかみやすくなるので、元ファイルは残しておいた方が良いです。



WAVファイルをSoundEngineで編集して、面白くてカッコいい着信音をつくって下さい♪









いつもありがとうございます!
「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ






▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| ソフトウェア | 05:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT