iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhone6のバッテリーが持たない

ここ最近、iPhone6の電池の持ちが急激に悪くなっている。


あっという間にバッテリー残量がレッドゾーン表示で無くなってしまう。




たっぷり一晩充電しても、すぐにバッテリーが無くなってしまう状態。



充電しても100%にならない



夜中ずっとケーブルに挿しっぱなしにして充電してるのだが、朝起きても100%になってない??


充電ケーブルには問題ないようなので、バッテリーケアで容量を確認する。


バッテリーケア
価格:無料



61%まで電池の容量が減っていました。



iPhone61810mA/hという大容量のバッテリーなんですが、毎日毎日・・・充電と使用を繰り返して、1100mAhしか充電できなくなっております!!


かなりバッテリーヘタッて(弱って)ます。


現状としてバッテリー容量が60%くらいしかない上に、フル充電でも100%にならないので、バッテリーの能力は半分以下と言ってもいいでしょう。



【参考記事】
>>iPhoneバッテリーについて



iPhone4のバッテリー容量は1420mAhでしたが、iPhoneの高性能化、大画面化に伴ってバッテリーも大型化しiPhone6では1810mAhまでなっていますが、所詮電池なもんで使える時間には限りがあるということです。





ちなみに、電波の届きにくい場所でおこるiPhoneが電波を探す動作、セルスタンバイという状態になると数時間でバッテリーは空っぽになります。知らない間にバックグラウンドでやられるので、結構困った機能です。



スポンサーリンク




2年の使用でさすがにバッテリー交換



iPhoneの電池はリチウムイオン電池なんで、ニッカド電池のようなメモリー効果(使い切らないで充電すると容量が低下する現象)は無いですが、300~500回の充電で容量が半分くらいになるサイクル劣化というものがあります。


>>Apple-バッテリーについて


僕のiPhone6も2年間使って、バッテリー容量が半分になったので、サイクル劣化の計算にピッタリ・・・。


環境や使い方によって、多少違いはあるでしょうがこのままではしんどい~^^;



バッテリーは消耗品なんだなあ!


ああ、逃れられない現実、宿命・・・。


バッテリーの減りが早くなる応急処置としては、予備のバッテリーを持つ方法設定などで節電する方法もありますが、根本的な解決にはなりません。


【記事】>>予備の大容量バッテリー


【記事】>>iPhoneバッテリーを長持ちさせる方法


やはりバッテリーを交換するのが最善策になるのでは?と思っちょります。



スポンサーリンク





iPhone6のバッテリーを交換する方法



iPhoneのバッテリーを交換する方法としては、以下の3つがあるかと。


①アップルストアで交換する
②修理ショップに依頼する
③自分で交換する




①アップルストアで交換する
基本的にはdocomoauなどのキャリアでは、iPhoneの修理・交換などはしてくれません


一応、話は聞いてくれますがAPPLEストアか、代行の店舗(電気店)などに行かされます。




そういうものなので、『ふざけるな!』などと怒らないで、素直にあきらめましょう。


APPLEで行うiPhoneのバッテリー交換の方法は、配送修理持ち込み修理2つがあります。


購入時にAppleCare+に加入している場合は無償でバッテリー交換してくれます。入っていない場合でも8800円で交換してくれますので安心して下さい。



配送修理の場合は以下のリンクから依頼することができます。
↓↓↓
iPhone の修理 - バッテリーと電源(アップル)


詳しくはiPhone 修理サービス Q&A センターで確認することができます。





AppleCare+に加入している場合、エキスプレス交換サービスという修理も利用できます。


AppleCare+は有償で月額500~600円程でキャリアではデバイスの購入時に加入できます。


>>AppleCare+ foriPhone(アップル)



②修理ショップに依頼する
iPhone修理を専門とするショップに依頼する方法もあります。

ショップによって、修理費用が違いますが、キャンペーンなどでかなり安く交換できることもあります。



【iPhone修理あいさぽ】




壊れたiPhoneを即日修理【ダイワンテレコム】


ダイワンテレコムなら部品代込みで、4800円で交換できます♪




全国に店舗展開していますので、持ち込みすれば即日バッテリー交換が完了します!!







③自分で交換する
最後の方法は、自分でバッテリーを交換する方法です。


iPhoneのバッテリー交換は、修理の中でも一番初歩の初歩ですが、ディスプレイ交換などに比べると比較的簡単な部類に入ります。


とは言えiPhoneは非常に精巧につくられている精密機械ですので、分解・組立て手順を間違えたり、ちょっと無理をすると壊れてしまう場合もある、ちょっとリスクのある作業になります。




ぶっちゃけ、かなり精密、細かいです・・・汗


場合によっては、そのままDEADしてしまう可能性もありますので、ご自身でされる場合は、くれぐれもご注意を。


分解前にバックアップを取ることは当然のことながら、自分で分解する以上はそのリスクを十分に理解した上で行ってください。



しかしそのリスクの分、非常に安くバッテリー交換をすることが可能ですから、そのリターンはとても大きいと言えます。


星形ドライバーヘラ、ディスプレイ剥離用の吸盤さえあれば、後は100均などにある精密ドライバー数点あれば分解できます。工具類は一回そろえれば次回から購入しなくても良いですので案外安い投資と言えます。





後はバッテリーなどの部品をAmazonなどで購入するだけです。



スポンサーリンク




自分でバッテリー交換する



iPhone4では自分でバッテリー交換ができた記憶が懐かしいです!!(いつのハナシ?)



【過去記事】>>iPhone4のバッテリー交換しました


ところでiPhone6も自分でバッテリー交換できるのか??


シャープの防水スマホのSHL23などは自分で電池交換ができない困ったちゃんでした(ちなみにiPhoneでなくAndroidスマホですが・・・)






歴史とともに防水機能もスマホに求められる機能の一つになってきたので、iPhoneも進化してそんなことになってるんじゃないのか?と不安がよぎりマス。



ifixitを見てみると、どうやらiPhone6でもバッテリー交換は可能のようです♪





そんな訳で、ifixitを参考に、iPhone6のバッテリーを交換にチャレンジしてみることにします!



>>iPhone6のバッテリーを交換してみた


いろいろiPhone頑張ってみます!!
「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


関連記事

| 故障・修理 | 05:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT