iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhone用にファイル変換して同期する

RealPlayerでYOUTUBEの動画はパソコンにダウンロードが完了しました。


前回の記事>>YouTubeから動画をダウンロードする



ダウンロードされたファイルは「マイビデオ」⇒「RealPlayerダウンロード」というフォルダに.FLV(フラッシュビデオ)というファイル形式で保存されています。



※アイコンがゴムプレーヤーになっていますが気にしないで下さい。
ゴムプレーヤーはYOUTUBEからダウンロードしたFLVファイルが再生可能な万能メディアプレーヤーです。
完全無料なので、インストールすることをオススメします。

↓↓ゴムプレーヤーについて?(公式サイトへ)
 (インストール無料)




FLVファイルをH264ファイル(.m4v)に変換する



前回ダウンロードが完了した状態で、ダウンロードしたファイル(飛行機.FLV)が表示されています。



 iPhoneの動画ファイルの形式はH.264 形式(拡張子は.m4v)なので、FLV形式をファイル変換する必要があります。

 ファイル変換にはリアルコンバーターを使用します。リアルコンバーターはRealPlayerにもともと入っているので、さらにインストール必要はありません。


 ダウンロードの終わった動画ファイル(.flv)の表示されている枠内にマウスカーソルを合わせると「トリミング」「変換」のボタンと、そして変換してコピーしたい「デバイス」のメニューが表示されます。


▼プルダウンメニューから「Apple iPhoneにコピー...」を選択して、「変換」ボタンを押します。





リアルコンバーターが起動して、ファイル変換が始まります。





しばらくするとファイル変換が終了します。

「変換したファイルをiTunesライブラリに追加」にチェックを入れ「OK」をクリックします。




すると変換したファイルが自動的にiTunesに取り込まれます。




変換したファイルを呼び出して、フォルダにドラッグ&ドロップなどの操作がいらないので、ここのところは非常に楽です。
ここの部分だけでRealPlayer◎二重マルです(o^-^o)



【追記】
上記RealConverterから「iTunesライブラリに追加」をした場合、RealConverterの「保存先」フォルダがiTunesのファイル読込先になりますので、変換したファイルを消さないように注意して下さい。
(通常のiTunesのファイル読込先は「ミュージック」>「iTunes」>「iTunes Media」です)
通常の「iTunes Media」に保存しておきたい場合(ファイル誤消去防止)は「iTunesに自動的に追加」を利用して下さい。




スポンサーリンク




iTunesとiPhoneを同期する



iTunesを起動すると「ライブラリ」にある「ムービー」に変換した動画(飛行機.m4v)が表示されています。





iPhoneをパソコンに接続すると「デバイス」に接続されたiPhoneが表示されますので、そこに動画ファイルをドラッグ&ドロップします。




すると自動的に「同期」がスタートしますので、しばらく待ちます。



同期が完了したら、iPhoneのiPodを起動して「ビデオ」をタップすると・・・




iPhoneに取り込まれていることが確認できました♪


これで電波のないYOUTUBEの見れないエリアでも動画視聴できますね!


(注意)>>動画共有サイトでの著作権に関する事項


動画ダウンロード・ファイル変換・トリミングまでこなす万能プレーヤーです。
ダウンロード(無料)はこちら↓↓↓↓





「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


関連記事

| ムービー | 06:54 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT