iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

| PAGE-SELECT | NEXT

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

ソフトバンク用の格安SIMが登場!!

ついにソフトバンクのiPhoneでも格安SIMが使えるようになりました!




今まではdocomoやauでしか使えなかった格安SIMSoftBankでも利用できるようになったんです!!





U-Mobileという会社が実現してくれました♪


そもそも『格安SIM』とはMVNOと呼ばれる通信業者が、Docomoなどの大手キャリアに回線を借りて、iPhoneなどのスマートフォンを格安で使えるようにしてくれているサービスなのですが、今まではdocomoとauでしか使うことができませんでした。



SoftBankはシムロックと言って、他社の契約ではiPhoneやスマホを絶対に通信させないようにしていたのですが、今回ついにSoftBankのiPhoneでも、U-Mobileの格安SIMを使えば、屋外でもネット通信ができるようになったわけです♪


>>U-Mobile






今までは、機種変更などで契約が終了したSoftBankのiPhoneなどは自宅や公衆Wi-Fiを使ってインターネット通信する以外は、使うことができませんでした。もし屋外で使おうと思ったら、ソフトバンクと再度プラン契約する必要がありました。


【SoftBankプランの例】

>>Softbank・スマ放題ライトプラン①

>>SoftBank・ホワイトプラン+パケ放題フラット②


どう安く見積もっても、最低でも月5000円はかかる計算です。



今回、U-Mobileから発表された『U-Mobile-S』というプランを利用すれば、SoftBankのiPhone、iPadがデータ通信のみながら、月々880円から使うことができるようになります。






■iPhone5から対応



気になる対応機種ですが、iPhone5から利用できるということで、かなり幅広い範囲でSoftBankのiPhoneを復活させることができそうです。

【U-Mobile-S対応機種】

(2017/4/1現在U-Mobileから抜粋)

残念ながら3G回線だったiPhone4、iPhone4Sは対象外ですが、4GLTEであればiPadなども対応しているようです。


スポンサーリンク




■料金と費用



気になる費用ですが、通信料と費用は以下の通り。

料金プラン



※ユニバーサルサービス料:\2/月

通信量は若干高め。

唯一のSoftBank回線で初の格安SIMというところで、お値段は若干高めに設定されています。

また音声通話には対応していないので、データ専用SIMということを割り引いても、他社の『音声付3GB』と『U-Mobile-Sのデータ専用3GB』が同価格というのは、まだまだ改善の余地があるのでは?と思ってしまいます。


このあたりは、新サービスということもあり、同業他社の追随とU-Mobileの朗報を待ちましょう♪



初期費用






初期費用は同業他社と同じく、初回のみ3000円が必要です。


その他、SIM代金の384円は、回線を貸し出すSoftBank様からカツアゲされた気分で、お渡ししましょうw


その他費用




(2017/4/1現在)

オドロキの最低利用期間、解約手数料ナシ!!



なんと!通常のU-Mobileと違って、最低利用期間6ヶ月という縛りがありません!!なので、解約手数料6000円も無し!という設定です。


他の格安SIMと同じく、初期費用の3000円は必要なものの、最低利用期間が無いというのはオドロキです。気に食わなければいつでも解約できるのはいいですね!!


キャリアの2年縛りのような拘束が無いのはありがたい♪







■SMS・通話には対応していない



残念ながら現段階ではデータ通信専用のみとなっていますので、音声通話やSMS(ショートメール)を使うことはできません


LINEなどの電話番号認証ができない?



アカウントを持っている人
すでにアカウントを持っている人は、U-Mobile-Sの入ったiPhoneにLINEアプリをインストールして、自分のIDとパスワードでログインすれば問題無く使えると思います。(但し、前にLINEを使っていたスマホのLINEは使えなくなります。トーク履歴も無くなります)


新規アカウントを作れるか?
基本的にはU-Mobile-Sのデータ専用SIMには電話番号がついていない(LINEからの本人確認のショートメールが受信できない)ので、U-Mobile-Sだけで新規アカウントを作ることはできません。



裏ワザとしては未だLINEアカウントを作っていない電話番号がある携帯かスマホがあれば、そちらに認証用のショートメールを送って認証させるという方法もあります。(LINEアカウント=携帯電話番号)
ですが、推奨される方法ではないので、そのあたりはご自身の責任でお願いします。



スポンサーリンク




■ソフトバンクiPhoneの復活の可能性



かつて筆者もiPhoneを使い始めた当初はご他聞にもれず、SoftBankユーザーでありました。
(当時、iPhoneはSoftbankしか取り扱っていなかったのです)



>>ついに来たiPhone!!はじめにやっておく『10箇条』
(2010年の記事です・・・懐かしい!!)


写真はiPhone4ですが、この後iPhone4S~5が発表された時も浮かれまくってました。


そんな昔のソフトバンクiPhone5が余っており、自宅Wi-Fiでのみで使っていましたが、Androidなどの台頭もあり、次第に使用頻度が減っていくiPhone5・・・同世代のスマホなどは、すでに化石のようになってますが、さすがのApple!!iPhone5でもiosアップデートに対応し、画面こそ小さいもののデバイスとしては、まだまだ現役で使えるレヴェルです。



数年前のmineoau回線の格安SIMスタートはMVNOにとって大きな転機でしたが、今回のSoftBank格安SIMの発表も衝撃でした。






格安SIMも3大キャリアがすべて出揃い、格安SIMを使うのにも、端末を選ばない時代に突入しました!!



docomo端末なら、本家本元NTTコミュニケーションズOCNモバイルでキマリ!




■iPhone5が復活したら、どんな使い方をするか?



メイン機としては少々役不足なものの、ゲーム用のサブ機か、小中学生の子供に持たせるスマホとしては必要にして十分すぎるポテンシャルを持っています♪



今でもサクサク動くiPhone5


これが気に食わなかったら自分で働いて買え!!というレヴェルの性能です。
まあ、所詮LINESNOW程度しか使わない『おもちゃ』なんで、iPhone5なんてもったいないくらい。




アクティベートしておけば『iPhoneを探す』でいざと言う時に居場所がわかるGPSビーコンになる!という大オマケ付。





■注意点



U-Mobile-Sを利用するにあたって注意点を書いてみました。

SMS・音声通話はない
残念ながら、今回のリリースではデータ通信のみとなっています。いずれ音声通話も対応になるとは思いますが、今回はテストケース的に発表されている部分もあると思います。回線の親元のソフトバンクの対応を待ちましょう。




データ量を使い切ると、月末まで200Kbps以下に制限される
これはどの格安SIM、docomoなどの大手3大キャリアも同じですが、契約しているプランの通信料を使い切ってしまうと、月が替わるまで低速通信(200Kbps以下)に制限されています。
この200Kbpsという数値は、ベストエフォートであって200Kは出ないと思っていた方がいいと思います。WEBサイトを見る、写真を送るなんてもっての外。できません。
LINEやメールのテキスト文字の送受信ができる程度で、LINEスタンプも難しい通信速度なので、プラン選定と自宅Wi-Fiを併用して乗り切りましょう。

【過去記事】>>市販の無線LANでWi-Fi接続する





U-Mobileの通信速度が不安定
ちょっと残念なところがあって、docomo回線のU-MobileのLTEプランは通信速度が遅く不安定だと言われています。ベストエフォートの速度は全く無理だとしても、環境によっては相当遅いレビューがあります。

【参考】>>Amazonカスタマーレビュー


ただこれは格安SIM全般のdocomo回線のレビューであって、環境(都心・市街地など)の混雑する場所や昼休みなどの時間帯であれば、3大キャリアが自社回線を優先させてしまうと思ってます。
今回はSoftBank回線なので、docomoほどの混雑・速度低下はないと考えてます。
データ専用SIMなので、メイン機としてはちょっとですが、サブ機として割り切って使う分には問題ないかなと。短期解約の違約金もないので、このあたりはまた実際にレビュー書きたいと思います♪







たくさんのコメントありがとうございます!!もっともっとわかりやすいブログを目指して頑張ります!!
「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

mineoがつながらない時の対応まとめ

auのiPhone5Sを格安SIMのmineoで復活させました。



月々の支払は、音声付きのデータ量3GBで月1,716円のみです。

電話のかけ放題はないものの、なかなか快適に運用できてマス♪


楽天モバイルなら5分以内なら電話代0円らしいです。楽天モバイルはau端末に対応していないので、うらやましい限りです。

▼▼5分かけ放題の格安SIMで電話代0円に





mineoも5分かけ放題やって欲しいと思います。


スポンサーリンク




■突然襲ったつながらない病



そんなこんなで格安SIMのmineoで運用していたauのiPhone5sですが、電波のつかみが悪くインターネットにつながりにくくなりました(汗)

ステータスバーには『au4G』ではなく『au1x』と表示されています。


なんですかこれは。


ChromeやSafariでインターネットできません。


もちろんメールも同期できないので届きません。



最悪、圏外という結末に。



mineoはauと違って3G回線に対応していませんので、音声SIMでも電話できない状態です。つまり翼のとれたiPhone。インターネット通信の孤島と化してます。


しかもバッテリーが急激に減るというおまけつき。これは『セルスタンバイ』という症状です。


セルスタンバイとは、電波の悪いところで携帯やスマホが電波につながろうと勝手に頑張ってしまう症状のことで、頑張った分無駄にバッテリーを使ってしまいます。


唯一できるのはWi-Fiだけですが、自宅か公共Wi-Fiなら通信可能という状態です。




■再起動で4GLTEをつかむ!



mineoのつながらない病ですが、僕が対応できた方法を紹介します。

①機内モードにする。

②電源を切る

③電源をON

④機内モード解除



まずはコントロールセンターから『機内モード』にします。


ちなみにコントロールセンターは下から画面をフリックすると出てきます。



つぎにスリープボタンを長押しして、電源を切ります。



機内モードのまま、電源を切るのがキモです。


電源が切れたら、再度スリープボタンを長押しでiPhoneを再起動します。





iPhoneが起動したら『機内モード』を解除します。




しまらく待ちます・・・




4Gと表示されれば成功です。




僕がやった方法では、しばらく安定稼働してくれます。

・iosバージョン:ios9.3.2~ios10.0.2
・mineoプロファイル:http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig
・キャリア:KDDI 25.1
(2016年10月)


スポンサーリンク




■iosアップデートすると再発



結構な頻度でやってくるiosアップデートですが、ios旧バージョンだからといってつながりにくいということは今現在(2016年10月)では無いようです。


逆にアップデートしてしまうと、再発してしまう感じがします(;^^A。


アップデートしたら、もう一回『機内モード&再起動』すると安定稼働してくれました。


僕もアップデートしたら、不安定になりましたので『機内モード&再起動』したら治りました。


ちょっと面倒くさいですが、月々の値段のことを考えたら安いもんです♪



■プロファイルを入れ替える



サブ的に考えていますが、結構重要かもしれません。

iPhone5sでmineoを使う場合はプロファイルと呼ばれるプログラムをインストールします。


2種類あるんですよ。





http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

http://mineo.jp/apn/mineo-a1.mobileconfig
※iPhone 5s/5cはこっちだそうで


でも最初②mineo-a1を入れたらつながらなくて(圏外)、iPhone6用の①mineo-a2を入れたらつながりました。


どゆこと?


で、ios10にアップデートしたら不安定になったので、今度は②mineo-a1をインストールしたら安定稼働!!




不安定になったら色々と試してみるのもアリですね。



■つながらない病の対策まとめ



mineoのiPhoneつながらない病が発症したら、まずは機内モードで再起動ですね。


機内モードに切り替えて戻す』だけでも、一時的につなぐことも可能ですが、すぐにアンテナが無くなって接続不可になります。



機内モード&再起動メソッドを一回やれば、当面アップデートまでは大丈夫でしょう。



iosアップデートはその他の違う不具合(mineo以外)も多いので、毎回のアップデートの回避もアリかと。
(てか、ダウンロードからインストールまで長すぎでしょ。しかも勝手に)


という訳で、僕なりのmineoつながらない病の対策は以下の3つ。


①機内モード&再起動

②プロファイル更新

③iosアップデート回避(手動にする)



とりあえず当面、快適に使っておりますので、参考まで♪


▼▼auのiPhone5で格安SIM導入までのてびきです♪



スポンサーリンク



たくさんのコメントありがとうございます!!もっともっとわかりやすいブログを目指して頑張ります!!
「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 07:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhone5Sを格安SIMで使ってみた


中古のiPhone5Sを格安SIMのmineoで再利用することにしました。



今回用意した中古のiPhoneはauのiPhone5Sゴールド16GBモデル。





通常、格安SIMというとSIMフリー端末を含むdocomoが主流ですが、mineoはdocomoとauのどちらの端末にも対応しているMVNOです。契約時にdocomoのDプランか、auのAプランを選ぶことができます。それぞれの端末のデータ通信に対応したSIMが利用できるのです。


▼▼mineoのauプランを見てみる



今回はmineo AプランでauのiPhoneを復活させました。



以下がmineoの対応しているauのiPhone機種一覧。



iPhone5Cより上位機種がmineoで利用できるようになっています。(iPhone5、4S、4は未対応)



僕のメイン機はiPhone6なんですが、今回は中古で手に入れたiPhone5Sをセカンドマシンとして、よりアクティブなシーンでバリバリ過酷に使えるiPhoneを作りたくてやってみました。


しかもMVNOで格安に利用環境を作っていますので、紹介します。



▼▼mineoの月々の料金を見てみる




■mineoに申し込む



mineo公式ページからAプラン、iPhoneのSIMサイズであるnanoSIMを申し込み。

プランはmineo Aプラン デュアルタイプ 3GBを選択。月々たったの1510円(税込1632円)♪




データ使用量は利用する状況で賛否あるところですが、YOUTUBEなどの動画をあまり見ない(PCで見る)のと、自宅にWi-Fiがあるので、正直あまりデータは減らない。使っても月1GBいかないくらいのが実態。


電車通勤などになると、ネトゲや動画を見る時間が増えるのでたぶん足らなくなると思うが、とりあえずデータ量変更は月締めで無料で変更できるので、足らなければ増やすで良いと思います。通信量が上限に達しても、4GLTEができなくなるだけ。200Kb/sの低速通信はできるので、LINEなどのメッセージは送信可能。動画は見れないと思いますが・・・。



さっそく届いたmineoのSIM。



カードの中に金色に光る部分がSIMと呼ばれるICチップ。ここに電話番号やらのデータが入っていて、これをスマホにセットすることで電話やデータ通信ができるようになります。


SIMを取り外します。



iPhoneの場合、一番サイズが小さなSIMになり”nano”サイズと呼ばれます。

このようにねじって取るらしい?



こいつをiPhoneのSIMトレイに乗せて。





iPhoneに差し込みます。




SIMを差し込んだままでは圏外のままで、まだデータ通信はできません。



プロファイルと呼ばれるmineoのアプリをインストールし、iPhoneにこのSIMを読み込ませると、iPhoneがmineo(au)の電波をつかまえて通信を始めることができます。



▼▼mineoのauプランを比較してみる




■プロファイル(アプリ)をインストールする



プロファイルとはmineoのSIMの通信設定を自動でしてくれるmineoのアプリのことです。




が、この時点では、まだiPhoneはSIMを認識しておらず、データ通信ができていないので、プロファイルをダウンロードしてインストールすることができません。プロファイルをダウンロードするには、自宅のWi-Fiを使用します。


►► 市販の無線LANでWi-Fi接続するには


Safariでhttp://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfigにアクセスすると、プロファイルのインストール画面にアクセスできます。


↓↓ios用公式サイト
mineoネットワーク設定(iOS端末)




iPhone5Sは下側のmineo-a1をダウンロードしろと書いてありますが、こちらではつながらないのでmineo-a2の方をダウンロードします。


必ずSafariでアクセスして下さい。Chromeや他のブラウザではインストールできません。



インストールをタップします。





警告が表示されますが、そのままインストールをタップします。





続けてインストールをタップします。





これだけでインストール完了です。



これでmineoのAPN設定が自動的に完了しています。



APN設定とはSIMによるインターネット接続のことで、通常であれば設定からネットワークの設定(パスワード入力等)を行う必要がありますが、mineoの場合はプロファイルが全て設定してくれます♪



『設定』→『一般』のプロファイルという欄が追加されて『mineo auプラン』と表示されています。





Androidスマホであれば、APN設定を自分でしなければならないのですが、IOS端末であればこのプロファイルをインストールするだけで、通信設定が完了します(楽チンです♪)



▼▼mineoの料金プランを見てみる



自宅にWi-Fiがない人はマクドナルドなどの公衆Wi-Fiなどを利用して、プロファイルをインストールすることができます。




公衆Wi-Fiの利用にはセキュリティや会員登録等などに賛否ありますが、ご利用にあたっては自己責任でお願いします。当サイトでは自宅Wi-Fi環境の構築をおススメします。


►► マクドナルドの公衆Wi-Fiを利用する



■4G電波をつかむ




auのmineoの場合、プロファイルをインストールしてから、auの4GLTEの電波をつかむのにちょっとかかりました。


プロファイルを入れてもまだ、圏外のまま。


Wi-FiがONになっていると、4GLTE回線を探さないので、Wi-FiをOFFにします。



画面下から上にスワイプして、コントロールセンターを呼び出します。



Wi-Fiをオフにします。


この時点で、アンテナの表示が、圏外や、au 1×の表示の場合、まだ通信ができていません。





一旦、機内モードにします。






そして、機内モードをOFFにします。



au 4Gと表示されたら、mineoのLTEデータ回線につながりました!!




成功です!!

これで、インターネット通信ができるようになりました。



しばらく、4G回線がはずれる場合がたまにありますが都度、機内モードに切り替えると電波をつかんでくれます。何度かやっていると安定してきて、圏外やau1×にならなくなりますた。


iosアップデートの際に、若干圏外やau1×になりましたが、機内モード切替で問題なく乗り切れました。
mineoもios9.3.5対応済みのようです。



iPhone5Sを月々たった1600円で復活できましたよ!!


セカンドマシンとして、スポーツやアウトドアのシーンなどで活躍してくれそうですね!!



▼▼mineoの公式ページを見てみる







「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 10:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhone 白ロム


 

iPhone白ロム




Apple
iPhone 6 Plus
16GB シルバー
【docomo】 白ロム

価格:¥74800-  通常配送無料
おすすめ度: 





Apple
iPhone 6
16GB ゴールド
【docomo】 白ロム

価格:¥53300-  通常配送無料
おすすめ度: 





Apple
iPhone 6
64GB ゴールド
【docomo】 白ロム

価格:¥67015-  通常配送無料
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5s
16GB ゴールド
【docomo】 白ロム

価格:¥47400- 
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5s
32GB ゴールド
【docomo】 白ロム

価格:¥54000-
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5c
16GB イエロー
【docomo】 白ロム】

価格:¥45000-
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5c
16GB ブルー 
【docomo】  白ロム

価格:¥43500-
おすすめ度: 





アップル
iPhone 5c
32GB グリーン
【docomo】 白ロム Apple

価格:¥52800- 
おすすめ度: 








 au iPhone白ロム





Apple
iPhone 6 Plus
64GB シルバー
【au】 白ロム

価格:¥89800- 
おすすめ度: 





Apple
iPhone 6
64GB ゴールド 【au】 白ロム

価格:¥64900- 
おすすめ度: 





アップル 
iPhone 6
16GB ゴールド
【au】白ロム

価格:¥53900- 
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5s
16GB シルバー
【au】 白ロム

価格:¥43980-
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5c
16GB ホワイト
【au】 白ロム

価格:¥38014- 
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5
16GB ブラック
【au 】 白ロム

価格:¥31200- 
おすすめ度: 







 iPhone白ロム





Apple
iPhone 5s
16GB シルバー
【softbank】 
白ロム

価格:¥43315-  通常配送無料
おすすめ度: 




<--▼softbank_iphone5c_16GB黄-->
Apple
iPhone 5c
16GB イエロー
【softbank】  白ロム

価格:¥39644-  通常配送無料
おすすめ度: 





Apple
iPhone 5
32GB ブラック
【softbank】  白ロム

価格:¥64900-
おすすめ度: 






Apple
iPhone 6
16GB ゴールド
【softbank】  白ロム

価格:¥54800-
おすすめ度: 






「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク






▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 19:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

MVNO月額料金比較

■最安値はDMMモバイルの590円/月(1GB)



業界最安値を宣言するDMMモバイルがデータ容量1GBで月額590円でぶっちぎりで安い。





低速3G回線(200Kbps)なら、DMMモバイルライトプラン(データのみ)が容量無制限(使い放題)で440円を実現している。


楽天モバイルベーシックプラン(データのみ)が525円と追従しているが、低速プランの200Kbpsの回線速度はLINEスタンプは送れないし、動画はほぼ観れないので最安値競争からは除外したい。





DMMモバイルが1GB、3GBプランともにぶっちぎって安い!


実質的な利用としては、最低限SMSあり(LINE認証のため)で3GB/月はほしいところなので、DMMモバイルでは通話SIM3GBで1500円が最低料金かと思われます。


音声通話SIMで3GBは、mineo楽天モバイルIIJmio1600円/月で横並び。


■auはmineoに頼らなければならない


auのiPhoneはmineoのみが対応しているので注意が必要。

但し価格設定は、Aプラン:デュアル3GBで利用した場合でも1510円/月となるので、docomoのMVNOと比較しても低価格となっているのが素晴らしいところ♪






そのた月額の利用料を下の表にまとめてみたので、参考になれば。





【MVNO月額料金比較】
MVNO プラン名 通信
速度
(bps)
1か月使用データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB

mineo


►公式ページへ
Aプラン
シングル
データ 150M 700 800 900 1,580
Aプラン
デュアル
音声 150M 1,310 1,410 1,510 2,190
Dプラン
シングル
データ 225M 700 800 900 1,580
Dプラン
デュアル
音声 225M 1,400 1,500 1,600 2,280

DMMモバイル


►公式ページへ
ライトプラン データ 200K 440 (容量無制限)
音声 200K 1,140 (容量無制限)
高速プラン データ 225M 590 850 1,210 2,190
音声 225M 1,260 1,500 1,970 2,950

楽天モバイル


►公式ページへ
ベーシック
(無制限)
データ 200K 525 (容量無制限)
SMS有 200K 645 (容量無制限)
音声 200K 1,250 (容量無制限)
高速データ データ 150M 900 1,450 2,260
SMS有 150M 1,020 1,570 2,380
音声 150M 1,600 2,150 2,960
データ専用 データ 150M 790 1,480
通話プラス 音声 150M 1,580 1,980
LTE使い放題
(無制限)
データ 150M 2,480 (容量無制限)
音声 150M 2,980 (容量無制限)
USEN MUSIC 音声 150M 2,980 (容量無制限)

IIJmio

►公式ページへ
SMSなし データ 150M 900 1,520 2,560
SMSあり データ 150M 1,040 1,660 2,700
みおふぉん 音声 150M 1,600 2,220 3,260

OCNモバイル


►公式ページへ
データ専用 データ 150M 1,100 1,450
SMS対応 データ 150M 1,220 1,570
050plus データ 150M 1,250 1,600
音声対応 音声 150M 1,800 2,150
(2015年10月1日の情報です)

※格安SIMの月額利用料金の詳細は各MVNO公式サイトで確認して下さい。



■使い放題はU-MOBILEで



容量無制限プランは各社ともにあるが、すべて低速3G回線(200Kbps)のプランとなっているので、現実的にiPhoneを使うような回線速度ではないように思う。
せっかくのiPhoneライフがストレスの塊になってしまうじゃないか!



現実的には4GLTEと行くべきだろう。


となると、気になるところは月々のデータ使用量というところになってくるが、このあたりはMVNOのみならず3大キャリアでも同じく頭の痛い問題であるのは間違いない。


というところで、U-Mobileの高速通信で容量無制限のLTE使い放題プランがある。




このプランは高速回線が使い放題になるが、2980円/月と少し高額になるところが「うーん、どうでしょう」と悩むところ。



ただ、月あたりのデータ使用料が5GBを超えるようであれば、LTE使い放題プランはオススメできる!




>>iPhoneで格安SIMを使う


>>おすすめ 格安SIM一覧


>>iPhone機種別 MVNO対応一覧


「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



>>iPhoenの白ロムを見てみる


スポンサーリンク





▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| MVNO | 05:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT