iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

| PAGE-SELECT | NEXT

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

1つのiTunesで2台のiPhoneを同期する


以前の記事で「ライブラリを選択」することで、1台のパソコン(iTunes)でiPhone、iPodなどの複数のデバイスを同期する方法を紹介していましたが、色々なトラブルが散見されましたので公開を取りやめていました。


 アップルの公式サイト(https://support.apple.com/ja-jp/HT201572)で「複数デバイスの同期」が再度公開されたので、今回は別の方法で複数のデバイス(iPhoneやiPod)を1つのパソコン、つまり1つのiTunesで同期する方法を紹介したいと思います。


【注意事項】
ご利用に関しては、操作方法を間違えるとデータ消失の恐れあります。ご利用の際は当サイトの注意事項をご確認の上、バックアップをとって行ってください。



■1台のパソコン(iTunes)で複数のiPhoneを同期するには



ご家庭で2つめのiPhoneやiPodなどを買った場合、1台のパソコンつまり1つのiTunesで2台以上のデバイスを同期することになりますが、普通にやると「1台目のiPhone」と「2台目のiPhone」の中身が同じということになってしまいます。




パソコンを2台を持っているご家庭なら、それぞれのPCでそれぞれiPhone(iPodやiPad)を同期すれば問題ありませんが、デバイスがどんどん増えた場合などは大問題です。


つまり「お父さんのiPhone6S」と「娘さんのiPhone5c」が同じアプリ、ミュージック、動画で同期されてしまうということ。


恐ろしいことです。

なので、1つのパソコン、つまり1つのiTunesで複数のiPhone、iPodなどを同期する方法を紹介します。



スポンサーリンク




■Windowsで別の「ユーザーアカウント」をつくって同期する



今回の方法は、Windowsで「ユーザーアカウント」をデバイスごとに作ることで、それぞれのアカウントごとのiTunesが独立してデータやデバイスの情報を同期することができます。


以下、その方法についての良し悪し。

【メリット】
・ライブラリをユーザーアカウントごとに独立させることで、同期データが混ざることを回避できる。
・プライバシー性が高い。

【デメリット】
・ユーザーアカウントごとにログオン・ログオフが面倒くさい。
・ユーザーアカウントごとにiTunesをインストールする必要がある(PCのHDD容量を使う)
・データ(音楽とか)をアカウント間で共有することもできるが、ライブラリのデータはそれぞれ持った方が安全(つまりHDD容量を食う)。


わからない人の為にユーザーアカウントについて簡単に説明を。


Windowsヘルプより
アカウントには、3 つの種類があります。種類によって、コンピューターに対するユーザーの制御レベルが異なります。

標準アカウントは日常的な作業を行うためのものです。
管理者アカウントはコンピューターを最も完全に制御できるものですが、必要な場合のみ使用してください。
Guest アカウントは、主に、コンピューターを一時的に使用する必要があるユーザーのために用意されています。


よくわかりません・・・(;^_^A


追加して使うのは標準ユーザーです。


イメージはこんな感じです。




1台のパソコンに、新しいアカウントを作ってログインすることで、それぞれのアカウントごとに独立してiTunesライブラリのデータを持ってもらおうということです。


別のアカウントでログインしてしまえば、パソコンの中のデータは混ざることはないので、安定して同期できます。
(共有フォルダと共有サーバ(外部HDD、ストレージ)を利用する場合を除きますが)


但し、HDD(SDD)の容量を食ってしまうことになります。


アカウント毎にファイルが山盛り!?


HDD容量さえクリアできれば、一番リスクが低い、安心な方法だと思いますのでオススメです。



スポンサーリンク




■ユーザーアカウントを追加する



【Windows7の場合】

「コントロールパネル」を呼び出します。





「ユーザーアカウントの追加と削除」をクリックします。





「新しいアカウントの作成」をクリックします。





「新しいアカウント名」を入力します。好きな名前でOKです。




「標準ユーザー」を選択して、「アカウントの作成」をクリックします。



新しいアカウントが追加されました。






【Mac OS Xの場合】
ほかのユーザアカウントを設定する方法は、OSごとに公開されています。おまけでリンクを貼っておきます。

(APPLE公式サイト)
OS X Mountain Lion v10.8
OS X Lion v10.7
Mac OS X v10.6 Snow Leopard



■新しい別のユーザーアカウントでログインしなおす



新しいユーザーアカウントを作ったら、そちらのアカウントでログインしなおします。


左下のをクリックします。


開いたメニューの「シャットダウン」の右側の「►」をから「ユーザーの切り替え」をクリックします。





「ようこそ」画面にあり、登録されているユーザーのアイコンが表示されますので、新しく作ったアカウントをクリックします。





新しいアカウントでログオンされます。



1回目のログオンはちょっと時間がかかります~♪



新たにiTunesをインストールします。



インストール方法はこちら
↓↓↓
PCにiTunesをインストールする



後は、iTunesを起動した状態で、新しいiPhoneなどのデバイスをUSBでつなぎますが、iTunesが勝手に同期を始めないように設定を変更しておきます。





iPhoneに同期したくないタイミングなどで、ファイルの管理がしやすくなります。


【参考記事】>>iPhoneを接続した時にiTunesを起動させない方法



パソコン(iTunes)⇒iPhoneに強制的に同期がデフォルト(初期)の設定で、自動で同期してくれるのは便利な機能なのですが、間違った情報を勝手に同期されるのが、結構悪さをしてくれていますので、これは絶対やっておくと良いです。



次回からは、デバイス(iPhoneやiPod)ごとに、ユーザアカウントを切り替えてをiTunesの同期をして下さい!


スポンサーリンク



■同期で注意すること



iTunesの同期で気をつけてほしいのは『同期とはPCのライブラリのデータをiPhoneにコピーする』という原則です。


itunes-fukusuu-douki3.png
こういうこと!!


iPhone側のデータをPC側のiTunesにコピーすることはできないので、ご注意を!!


【注意】アカウントが正しく選択されていない状態で、iPhoneなどのデバイスをつないで同期してしまうと、iPhone側のデータが書き換えられてしまうので、注意して行って下さい。



ただiTunesライブラリにあるメディアデータは、iTunesのフォルダをPCで削除しなければ生きているので、もう一度iTunesにコピーし直せば、データは復旧するはずです。


Windowsの場合、デフォルト(初期設定)なら「ミュージック」⇒「iTunes」⇒「iTunesMedia」に音楽などのデータが保存されています。





 「前のユーザーアカウント」から「新しいユーザーアカウント」に移動したい場合、iTunesライブラリのデータをコピー(バックアップ)しておくと、前のデータを復元して同期できます。


自動で同期されるのを停めておく設定にしておくのは、間違ったデバイスのiTunesデータが勝手に同期されるのを防ぐには超有効な手段ですので、ぜひやっておいてください。


便利な機能ですが、複数デバイスを管理するには不向きです。






■iTunes以外でファイル管理する




またiTunes以外のソフトウェアでiPhoneとデータ同期する方法もオススメです。

ifunBoxはiTunesを使わず、iPhoneとPCを同期してくれるソフトウェアです。




フリーソフトなので、無料でダウンロードできます♪








写真などがサムネイルで表示されますので、とても見やすく、ドラッグ&ドロップでパソコンに取り込むことができます。


ifunBoxを利用する場合も、iTunesの自動同期はOFFにしておくといいと思います。



さらにifunBoxを使えば、2台同時にファイル管理をして同期することもできます。










ご参考まで!


「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ





▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 08:34 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iTunesカードって何?

■iTunesカードって何?


最近良くコンビニで「iTunesCard」なるものをよく目にするようになりました。


Apple iTunesカード


「iTunesカード」とは前払い式のプリペイドカードのことです。


iTunesカードを使えば、ゲームの課金アイテムの『魔法石』や『ポケコイン』なども購入できます。iTunesカードの『購入方法』や『使い方』、さらにiTunesカードをGETするオトクな情報も紹介します。






スポンサーリンク




■iTunesカードは何が買えるの?



iTunesカードを使えば、iTunesストアやアプリ課金アイテムなど、iPhoneで販売されているものが購入することができます。


iTunesストアやAPPストアなどで音楽やゲーム、アイテムなどを購入する場合は、クレジットカードか、携帯キャリア決済になっていますが、使えない人もいると思います。「iTunesカード」を使えばクレジットカードやキャリア決済無しでストアで購入することができるようになります!





iTunesカードは家電量販店やコンビニで気軽に買えるので、クレジットカードを持っていない方にオススメです。




現金前払いなので、使いすぎる心配がありませんので、お母さんも安心です。



■iTunesカードの種類



iTunesカードは値段に応じて、1500円~10000円で4種類の価格に販売されています。

1500円3000円5000円10000円



iTunesストアにチェージしたい金額のカードをレジまで持って行って、お金を払って購入します。


1500円分のカードなら1500円でOKです。


iTunesカードに消費税はありません。



その他にもバリアブルと呼ばれる、1500円~50000円の間で好きな金額をチャージできるiTunesカードがあります。




1500円から1円きざみで購入、チャージできるのでクレジットに半端がある時にちょっと便利なカードです。



レジにて支払った(プリペイドした)金額分をカードで使えるようになります。



ちなみに、陳列しているiTunesカードを万引きしても、レジで購入手続き(オンライン決済)していないと使えませんので悪しからず♪







スポンサーリンク




■iTunesカードを使ってみる



さっそく買ってきましたので~♪




使ってみたいと思います~♥


iTunesカードを台紙から剥がして、ひっくり返します。





保護シールを剥がすとコードNo.が書かれていますので、これをiTunesStoreに入力しますのでマル秘です。





次にiPhoneのiTunesストアを立ち上げます。






iTunesストアが立ち上がりますので、一番下にスクロールして『コードを使う』をタップして下さい。






AppleIDの『パスワード』を入力して、iTunes Storeにサインインします。






カメラで読み取る』をタップします。





すると、iPhoneのカメラが起動して、読み取りが始まりますのでカードを裏面にして下さい!!





文字を読み取るんですか?!



てっきり、バーコードを読み込むと思っていましたので、アセりました(^_^;)~文字を認識するって凄いですね♪さすがiPhone!



これにてチャージ完了です!




あっという間です!!




AppleIDに1500円分のクレジットがチャージされましたので、iTunesストアやAPPストアで購入できるようになりました!


もちろんAPPストアの有料アプリや、LINEスタンプ、アプリ内のアイテムなども買うことができます!



iTunesカードの残高はiTunesストアやAPPストアの下の方で確認することができます♪










ちなみに、クレジットカード払いとiTunesカード払いを併用する場合は、まずiTunesカードでチャージした分が使われます。残高がなくなったならクレジットカードに請求されるようになっています。


心配な方は、以下のリンクから支払方法の選択ができます。クレジットカードを停止して下さい。
↓↓
>>ストアの支払い方法を変更する







過去記事でiTunesカードを無料で手に入れる方法を紹介しています。
↓↓




■ポケコインを購入してみる



PokemonGOで実際にiTunesカードを使ってポケコインを購入してみたいと思います。



ポケコインはゲーム内のショップで、おこうやルアーモジュールなどのアイテムを買うことができる仮想通貨です。



まずはAPPストアで残高を確認しときましょう!





ストアの一番下までスクロールすると、アカウントのクレジット残高が見れます。





PokemonGOを起動してショップに行きましょう!

テストで100ポケコインを購入してみます。



100ポケコイン』をタップします。




パスワードを入力して、iTunesストアにサインインします。





購入する』をタップします。





iTunesカードでポケコインが購入できました!





画面右上にはポケコインの残高が表示されます♪




次は購入したポケコインを使って、ショップでアイテムを買ってみたいと思います。







こちらの記事でiTunesカードを無料で手に入れる方法を紹介していますので参考まで!
↓↓




スポンサーリンク




■パソコンのiTunesで購入してみる





もちろんパソコンのiTunesでもiTunesカードを使ってアプリや音楽を購入することができます♪





左メニューの「iTunesStore」をクリックします。



iTunesStoreにアクセスします。







購入したい音楽にアクセスして「購入する」をクリックします。




AppleIDの右横にカードでチャージされた残り金額が出ていますので、買いすぎる心配はありませんね♪




しかし、いきなり1200円の出費は痛いゾ!・・・とご心配なく~♪
な・な・なんと1曲ごとの購入もできるんです!





これはありがたい!



CDならシングル1枚買わないと聴けなかったのに、いまは聴きたい曲だけ買うことができるんです!!



デジタルミュージックとスティーブ・ジョブズに感謝!



もちろん1曲購入はiPhoneでもiPodでもできますので、学生のみなさんにもお父さんの財布にも優しすぎる~♥



最新の曲だけゲットできますね♪


>>【過去記事】パソコンからアプリをダウンロードする方法






Apple iTunesカード







「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ





▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 06:57 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iTunesカードの残高(クレジット)の確認方法

iTunesカードなどでAppleIDにチャージした時などの(クレジット)残高の確認方法を紹介します。






►► iTunesカードって何?



iTunesカードのチャージ残高、つまりAppleIDのクレジット残高のチェックのやり方は2通りの方法があります。



とりあえず、かんたんな方法から紹介します。




スポンサーリンク





■『iTunes&APPストア』から確認する




iTunesストア』か『APPストア』をタップします。






これは『iTunesストア』の画面ですが、指で画面をフリックして、『iTunesストア』の画面の一番下までスクロールします。




最下段にAppleIDにクレジットされている残高が表示されます。


ここでは¥260-の残高が残っています♪





■『設定』から確認する




もう一つの方法は『設定』から残高を確認する方法です。


設定』をタップします。






設定の中にある『iTunes&APP Store』をタップします。






画面上段の『AppleID』をタップします。






パスワード』を入力して、AppleIDにサインインします。






AppleIDのアカウントにサインインできると、画面上部にAppleIDの残高が表示されます。







スポンサーリンク





■『アカウント情報』も確認できる




ここから、AppleIDに関する色々な登録や設定が変更できます。





支払情報も確認・変更できますのでご利用下さい。
↓↓↓
►►iTunesの支払方法を変更する



「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ



►►無料でiTunesカードを手に入れる方法




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhoneを接続した時にiTunesを起動させない方法

iPhoneをパソコンに接続すると、自動的にiTunesが起動するので、かなりうっとおしいのです。





iTunes以外の通信ソフト(たとえばMediaTransifunbox)を使って、データの保存や転送をしようと思っている場合は、ちょっとiTunesが目障りなときがあります。



しかも勝手に同期までする始末なので、ちょっとiTunesには困った人もいるハズ。



勝手に同期するのはやめてくれ~!!




なので、iTunesを設定してiPhoneを接続してもiTunesが自動起動しない方法を紹介します。



iTunes設定を変更する



iTunesが自動起動しないようにするには、iTunesの設定を変更します。


まずiPhoneを接続していない状態で、iTunesを起動します。






画面左上の『メニューアイコン』から『設定』をクリックします。または『ファイル』⇒『設定』をクリックします。







次に『デバイス』のタブをクリックして、『iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックを入れます。




チェックをしたら『OK』をクリックします。


これで、iPhoneをパソコンに接続しても、勝手にiTunesが起動しなくなっているはずです。



この欄はチェックが入っていると実行しないという逆説的な設定なので、チェクが外れていると、勝手に起動して同期されますので注意して下さい。



スポンサーリンク




【テスト】iPhoneをパソコンにつないでみる




実際にiPhoneをUSBケーブルでつないでみて下さい。


自動的にiTunesが起動しなければ成功です。



確認事項として、iPhoneをパソコンにつないだ状態で、一度iTunesを起動して下さい。


『デバイス』をクリックして選択します。




『オプション』より、このiPhoneを接続しているときに自動的に同期』のチェックが外れて、半透明になっていることを確認しておいて下さい。


この状態であれば、iTunesは自動起動しないので、成功です!



あとは自分の好きなソフトで、データ転送すればOKです♪



スポンサーリンク




「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ






▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 09:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iPhoneでCDジャケットを表示




iPhoneに取り込んだ曲に「CDジャケット」を設定する方法を紹介します。

(コメントへの質問が結構多いのでエントリです・・・A^^;)



こんな感じで~



まずはiTunesへCDジャケットを登録します。


iTunesに設定したCDジャケットは、同期することによりiPhoneにも表示されるようになり、グンとデジタルプレーヤーとしての便利さがUPします。


このiTunesやiPhoneに表示される「CDジャケット(ラベル)」のことですが、iTunesでは「アートワーク」と呼ばれております。




>>【参考記事】CDの曲をiPhoneに取り込む




取り込んだ音楽のアートワークは、iTunesが自動取得してくれるのですが、これはiTunesストアに登録されているものだけなので、ストアにないアートワークは自分で登録することになります。



では、やり方を順に紹介したいと思います。



スポンサーリンク





アートワークを登録する



このように歯抜けとなったアートワークを追加します。




まずは、歯抜けとなったアートワークをインターネットからGETします。



アルバム名や、アーティスト名をググって下さい。



それをPCのデスクトップなどに、ドラッグ&ドロップして保存しておきます。
(MACの場合は不要です)


僕はデスクトップにフォルダを作成して、ドロップしました。




こうすると、後のファイル管理がラクチンです♪


iPhoneで使うなら画像サイズが600×600ぐらいあれば十分かな?と思います。


あまりにバカデカいと、メモリを食うので、この辺はお好みで♪


逆に、あんまりサイズが低いのを取ると、後で画像の汚さにショックを受けることになります。




画像をGETしたら、iTunesに戻って登録するアルバムを右クリックします。


「プロパティ」をクリックします(MACの場合は"情報を見る”です)



すると、アルバムについての情報が表示されます。


ここの右下の「アートワーク」というところに、先ほどGETした画像ファイルをはめ込みます。



※それ以外にも情報の書き換えができるので、曲順やコメントを記入できます。



やり方はかんたん♪



画像ファイルを「アートワーク」にドラッグ&ドロップするだけ♥


「OK」を押します。


はい♥できました!




あとはiPhoneと同期するだけ。





ミュージックで再生すると、この通り♪



アートワークが表示されると、俄然iPhoneらしさがでますね!!



以上、アートワークを表示するでした♪



スポンサーリンク





【追記】

フリーソフトを使用する




LightWay」と呼ばれるフリーソフトを使って、アートワークを自動取得する方法もありますが、興味のある方は公式サイトへ!

>>LightWay公式サイト
  http://www.voralent.com/products/lightway/






「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ


□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード



▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| iTunes | 06:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT