iPhoneと僕

iPhoneの便利な使い方 設定方法を初心者にもわかりやすく解説します。OSはWindowsを使用しています。 おすすめのアプリ・アクセサリー・便利なソフトなども紹介します!

| PAGE-SELECT |

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

Youtubeの動画を着信音にしてしまおう

 


くれぐれもご注意下さい。


■Youtubeの動画をiPhoneの着信音にする



 過去の記事で、Youtubeの動画をMP3にするMP3からiPhone着信音をつくるで別々に紹介していますが、2つの記事で別々ではわかりづらいということで、今回はYoutube動画をiPhone着信音にする流れを「ひとまとめ」にしてピックアップしたいと思います。

Youtube to ringtone






 あ、くれぐれもYoutubeを含む動画共有サイトの「著作権のある作品」には、関わらないようにしてくださいね♪ダウンロードはあくまで自己責任でお願いします(^o^/

【注意事項】>>著作権保護および注意事項について



 まず具体的にやり方を分解すると、

 ①YouTubeMP3でYouTubeをMP3に変換して、パソコンにダウンロードする。
  ↓
 ②ダウンロードしたMP3ファイルをiTunesに取り込む
  ↓
 ③iTunesで30秒以内のAACファイルに変換する
  ↓
 ④AACファイルの拡張子をm4r(着信音)に書き換える。
  ↓
 ⑤iPhoneに同期して、着信音で設定する。


 と、たったこれだけになります。


 大きく分けると5つの項目ですが、それぞれ全てフリーソフトがやってくれるので超かんたんです♪


 自分で着信音をつくる最高のメリットは、自分の好きなフレーズやパートの部分で着信音をつくることができるというところですね♪有料配信されているものでも、なかなか自分で納得のいく着信音は少ないですから。


 他には無い、世界でただひとつのオリジナル着信音をつくることがかんたんにできるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。


スポンサーリンク




1.Youtbeの動画をダウンロードする



まずはYoutubeの動画をMP3でダウンロードするにはYouTubeMP3というサイトを利用します。



YouTubemp3.org/jp


このサイトはYouTubeで見ている動画のURLを入力すると、無料でMP3ファイルとしてダウンロードさせてくれる神様仏様サイトです。


mp3”とググれば、1番目に出てきます。登録も不要なのでご安心下さい。



まずはYouTubeにアクセスして、着信音にしたい動画にアクセスします。


画面上部に表示されているURLをコピーします。



URL上で右クリックして、メニューから『コピー』をクリックします。




次にYouTubemp3.org/jpの枠内にURLを貼りつけます。



枠内で右クリックして、『貼り付け』をクリックします。




動画変換』をクリックします。




動画の読み込みが始まりますので、しばらく待ちます。




画像横の『ダウンロード』を押します。






Chromeの場合、画面下にダウンロードされているファイルが表示されます。






ダウンロード先のフォルダを見ると、MP3に変換されたYouTubeの動画がダウンロードされています。



Windows7では『ダウンロード』というフォルダが、デフォルトのダウンロード先になっています。




2.MP3ファイルをiTunesに取り込む



ダウンロードしたMP3ファイルをiTunesに取り込みます。

 
 iTunes(無料)


iTunesを起動した状態で『iTunesに自動的に追加する』フォルダに先ほどのMP3ファイルをドラッグ&ドロップします。





iTunesにMP3ファイルが取り込まれました♪





iTunesに自動的に追加する』フォルダはiTunesをインストールすると自動的に作られるフォルダで、『ミュージック』→『iTunes』→『iTunesMedia』の中にあります。


出来上がったMP3は、iTunesで同期すれば普通にミュージックとして聴くことができますが、着信音にするにはもう少し手を加える必要があります。



スポンサーリンク




3.MP3をiTunesで30秒AACに変換する



取り込んだMP3ファイルを着信音にするために30秒以内のAACファイルに変換します。


着信音にするMP3ファイルを『右クリック』して、『プロパティ』を選択します。



 

オプション』タブを選択して「開始時間」と「終了時間」を入力します。
  




開始時間と終了時間が30秒以内になるように入力して下さい。



とりあえず、サンプルは10秒にしています。


設定が終わったら『OK』をクリック。



次にもう一度、右クリックしてメニューの中にある『AACバージョンを作成』をクリックします。




すると、MP3から10秒のAACファイルが作成されます。




※メニューの「AACバージョンを作成」の部分がAAC以外になっている場合は、メニューにある『設定』の『一般』タブにある『インポート設定』で『AACエンコーダ』に切り替えておいて下さい。



 iPhoneは30秒以内でないと、着信音として認識してくれないので、開始時間から終了時間までを30秒以内になるように調整します。(40秒説もありますが、僕は30秒と思っています)



 さらに細かい調整や前後をくっつけたり、フェードをかけたい時はSoundEngine(無料)を使って、さらに細かい設定をすることができます。過去記事で紹介していますので、ご覧になってみて下さい。

 >>【過去記事】SoundEngineの使い方

 >>【過去記事】高度な着信音のつくり方



4.AACファイルの拡張子を着信音ファイルに書き換える



次に出来上がった30秒のAACファイルを着信音用の拡張子に書き換えます。

拡張子とはファイル名の末尾についている.(カンマ)以降の3文字の英字ことです。ファイルの属性を表しています。

<拡張子が表示されない場合>
>>Windows XP でファイルの拡張子を表示する方法
http://support.microsoft.com/kb/882195/ja




先ほど作った着信音用のAACファイルをiTunesから、デスクトップにドラッグ&ドロップします。



(デスクトップでなくても、適当な場所にドロップしてもらえればOKです)


この時点ではAACファイルは『.m4a』という拡張子になっていますが、これを『.m4r』に書き換えます。





名前の変更について注意が出ますが『はい』をクリックします。





すると、M4Aアイコンが着信音のM4Rアイコンに変身します。



(この時に、名前も好きなものに変えることができます。拡張子だけm4rでお願いします)



再度、このM4Rアイコンを『iTunesに自動的に追加』にドラッグ&ドロップします。





iTunesで『着信音』タブを選択すると、追加されています。





スポンサーリンク




5.iPhoneと同期する



ここまできたらほとんど完成です。あとはiPhoneと同期するだけ。


iTunesの『デバイス』を選択して、『概要』にある『着信音』をクリックします。



『すべての着信音』または『選択した着信音』を選んで、『適用』をクリックします。



『自分のデバイス上』の『着信音』をクリックして、同期が成功していれば表示されます♪





■着信音に設定する



最後にiPhoneで着信音に設定します。




設定』から『サウンド』をタップします。




着信音』をタップします。





同期されている自作のものを『タップ』して選択します。





着信音が自作したものに変更されました!!!!




手順は長いですが、やってみると意外にかんたんなので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか♪



■さらに、こだわりの着信音を自作したい人



さらに、もっとこだわってつくりたい人はSoundEngine(無料)を使って、マニアックに自作して周りをびっくりさせてみてはどうでしょうか。

soundengine


たとえば、ホームに電車が来る時のアナウンスの音とか、音楽のサビの部分だけとか、マニアックな『通』にしか解らないこだわりの着信音も作れます♪


注目度は間違いなく↑↑ですよ♪♪






「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ









□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード

クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!


▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| 着信音 | 08:35 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

iTunesで着信音を作る


iTunesで着信音をつくる
iPhoneは携帯電話と違って、音楽ファイルを着うた(着信音)にすることができます。


方法としては
1.AAC形式ファイル(.m4a)を用意する。
2.曲の長さ40秒以内にする
3.拡張子を書き換えること(⇒.m4r)


だけで通常の音楽ファイル(CDやMP3)が着信音になります。


基本的な操作はすべてiTunesですることができます♪


iTunes公式ダウンロードページ(Apple)↓↓




スポンサーリンク




■iTunesで40秒のAACファイルを作る



まずは着信音にする曲のAACファイルをiTunesに準備します。MP3ファイルの場合は、iTunesで40秒以下のAAC形式を作成します。MP3の場合は同時変換します。



着信音にしたい曲(サウンド)を右クリックして「プロパティ」を選択します。




プロパティ画面の「オプション」タブをクリックします。




着信音にする部分の「開始時間」と「停止時間」を入力して下さい。

iPhoneで着信音として認識してくれる曲の長さは40秒以内なので、その長さに収まるように時間を調整して下さい。

時間が決定したら「OK」をクリックして下さい。




次に曲を右クリックして「AACバージョンを作成」をクリックします。





ここで「AACバージョンを作成」が「MP3バージョン」や「WAVバージョン」や他のファイル形式になっていた場合はiTunesのインポート設定を変更して下さい。

iTunes上部の「編集」⇒「設定」から「一般」タブにある「インポート設定」をクリックして、インポート方法を「AACエンコーダ」に選択して下さい。

AACエンコーダを選択



「AACバージョンを作成」をクリックすると、iTunesに同じ名前ですが「時間」の短いAACファイルが出来上がります。

 このできあがった40秒AACファイルをiTunesから一度、デスクトップかどこか適当なところにドラッグ&ドロップします。

(僕は着信音用のフォルダを作って、そこにドロップして仮置きしています)




■拡張子をm4rに書き換える



自作したAACファイルを適当な場所にドロップすると、自動でコピーされたものが作られますので、その複製されたAACファイルの拡張子を.m4aから.m4rに書き換えてください。




「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」と聞かれますが気にせずに「はい」をクリックして下さい。



拡張子を変更すると、AACファイルのアイコンが変更されて「RING」アイコンに変身します。


<拡張子が表示されない場合>
Windowsの場合は「スタート」から「エクスプローラ」⇒「ツール」⇒「フォルダオプション」の中にある「表示」タブを選択します。設定項目の中から「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。




スポンサーリンク




■iPhoneに着信音を同期させる



出来上がった「RING」ファイルをiTunesにドラッグして戻します。




「ライブラリ」にある「着信音」を選択すると、iTunesに「RING」ファイルが着信音として表示されます。





iPhoneをつないだ状態で、デバイスの「iPhone」を選択して「着信音」タブをクリックします。

「着信音を同期」にチェックを入れ「同期」をクリックします。


※またはライブラリの「着信音」から直接デバイスの「iPhone」にドラッグ&ドロップしても自動的に同期が始まります。



同期が終了したら、iPhoneの「設定」から「サウンド」⇒「着信音」⇒「カスタム」の欄に作った着信音がありますので、これをタッチして選択します。





これで、自作の着信音がiPhoneで使えるようになりました。


少し操作がややこしくて面倒臭いですが、音源(サウンド)ファイルさえあれば、無料で着信音を自作することができます。


<追記>同期してもiPhoneに作った着信音が表示されない場合は、着信音の長さを30秒以内にすると表示される場合があります。RingToneファイル(m4r)の曲長は40秒となっていますが、まれにiPhoneで表示されない場合があるようです。



スポンサーリンク




■フリーソフトを使って着信音を編集・自作する



iTunesで着信音を作る方法の他に、iRingerというフリーソフト「iRinger」を使って着信音をつくる方法もあります。↓↓↓

iRingerで着信音をつくる方法>>お気に入りCDから着信音をつくる方法



【名前】iringer
【種別】フリーソフト
【バージョン】2.2.0.0
【対応OS】Windows XP/Vista
【対応ファイル】WAVE/MP3/WMA/AAC/MPEG/FLV
【著作権者】Andrew Aksel Heinlein 
【ダウンロードサイト】http://iringer.en.softonic.com/

iringer

iringerはフェードインやフェードアウトなどのエフェクトも利用可能で、出来上がりを視聴しながら波形操作で着信音を作成できるフリーソフトです。

しかもFLVなどの動画ファイルも自動的に音声のみ抽出して着信音を作成可能です。

元の音源ファイル形式がMP3でもOK!

自動で.m4rに変換してくれます♪

ただし、作れる着信音の長さは30秒までとなっています。










いつも愛読ありがとうございます!
↓↓参考になったらクリックしてみて下さい!!↓↓
人気ブログランキングへ




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| 着信音 | 23:19 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

MP3からiPHONE着信音をつくる

お手持ちのMP3ファイルからiPhoneの着信音をつくる方法を紹介します。




基本的にiPhoneもiTunesでもMP3形式のサウンドファイルを認識してくれますので、MP3形式を着信音のファイル形式であるM4Rに変換すればよいわけです。。


順番はこういう感じ。

①MP3ファイルをiTuneに取り込んで、AACファイルに変換。

②AACファイルをデスクトップに落として、ファイル形式の書き換え。

③iTunesに戻して、iPhoneと同期する。

これだけです。


かんたんなので、さっそくやってみます。


まずはお手持ちのMP3ファイルをiTunesに取り込んでください。

iTunesが起動している状態でファイルをドラッグ&ドロップすればOKです。


【注意】DRM(デジタル著作権保護)のかかった曲は着信音にできません。


(こちらは参考までにどうぞ)
>>CDの曲をiPhoneで聞く(CD取り込みのところで、AACを選択します)

>>Youtubeを保存してMP3にする方法



スポンサーリンク




①MP3ファイルをAACに変換する




つぎにiTunesでファイル変換の設定をします。

「編集」>「設定」をクリックしてください。

一般タブの中にある「インポート設定」をクリックします。


インポート設定をAACに変更する


「読み込み設定」が開きますので「インポート設定」を「AACエンコーダ」に
選択してください。

終わったら「OK」で設定タブを終了してください。






次は曲長を変更します。

着信音にしたい曲を右クリックして「プロパティ」を選択してください。

プロパティを選択します



プロパティの中にある「オプション」タブを選択すると、開始時間と停止時間というボックスがあります。

オプションで曲長設定する



この開始時間~停止時間を30秒以内に書き換えます。

この書き換えた30秒以内が着信音となりますので、調整してください。


※iPhoneの着信音の長さは40秒までですが、まれに30秒を超えると認識せずに同期したiPhoneに表示されない場合があるようです。この場合の対処として曲長を30秒以内にすると認識してくれます。

今回は0:00~0:30でセットします。

「OK」を押します。




次にもう一度着信音にするMP3ファイルを右クリックして「AACバージョンを作成」をクリックします。

AACバージョンを作成をクリック


すると元のMP3ファイルからAACファイルに変換されながら、曲長が30秒のファイルが作成されます。

iTunesがAACに変換





※着信音の元になったMP3ファイルが30秒しか再生されない状態になっているので「プロパティ」から停止時間のチェックを外しておいて下さい。



スポンサーリンク




②AACファイルを着信音に書き換える




次に作成されたAACファイルからiPhoneの着信音のファイル形式に書き換えます。


まずは作成された30秒のAACファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップしてください。

デスクトップにドロップ


僕の場合はRealPlayerのアイコンで曲名が「07 Raise Your Hands.m4a」となっています。


この.m4aという拡張子の部分を.m4rに書き換えます。



警告はOKをクリックする


警告が出ますが気にせずに「OK」をクリックします。


すると下のようなアイコンになり、iPhone用の着信音の形式に変換されます。

RingToneファイルに変換



アイコンの拡張子が表示されていない場合、以下のサイトをご覧下さい。

>>■拡張子を表示させる方法
http://support.microsoft.com/kb/882195/ja



次はiPhoneに同期していきます。




③RingToneファイルをiPhoneに同期する

出来上がったRingToneファイルをiTunesにドラッグ&ドロップして戻します。

iTunesにドラッグ&ドロップで戻す


※iTunesに戻す前に着信音の元ファイル(30秒AAC)を必ず削除しておいてください。
間違って元のMP3を消さないように注意して下さい。




するとライブラリの中にある「ミュージック」ではなく「着信音」に入っています。

着信音として登録される

着信音ファイルとして認識されていますね。



次にiPhoneをUSB接続します。

デバイスに接続したiPhoneが「○○のiPhone」と表示されるので、先ほどのライブラリの「着信音」ファイルをデバイスにある「○○のiPhone」にドロップします。(○○はPCの登録名です)

iPhoneに同期する

すると自動的に同期が始まります。


同期が完了したら、iPhoenを取り外し「設定」>「サウンド」>「着信音」で確認してください。

iPhoneに同期された状態

バッチリ、着信音に登録されていますね♪


この他、MP3ファイル以外のWAVファイルなどでもiTunesでは着信音をつくることができます。



また、デバイスから着信音タブをクリックすると、同期されている着信音が表示されます。




同期しなくてもいい着信音はチェックを外しておくと、iPhoneに取り込まれないので管理がしやすくなります。


>>お気に入りCDを着信音にする


>>Youtubeを着信音にする


スポンサーリンク




「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ





□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード
クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!



▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| 着信音 | 05:41 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

こだわりの着信音のつくりかた

ios5からメールもカスタム着信音を選ぶことができるようになりました。

今までの携帯電話に見ると、比較的かんたんに着信音を自作できたiPhoneでしたが、メール着信音だけがデフォルトしか選択できなかったので、無念さを感じていたのは僕だけではないと思います。


しかしiPhone4Sの発売と同時にリリースされた新OSのios5からメールも自作したカスタム着信音を選ぶことができるようになりました。


ということで、今回はメール着信音も上手に作れるように、少し高度なカスタム着信音の作り方を紹介したいと思います。


やり方はわかりやすく書くと

①元音源をWAVファイルに変換する(iTunes)
  ↓
②SoundEngineFreeでWAVファイルを編集する
  ↓
③AACファイルに変換(iTunes)
  ↓
④RingToneファイルに拡張子変更
  ↓
⑤iPhoneに同期



少し手間がかかりますが、それだけクウォリティが高い着信音にするためなので、今の着信音に満足されていない人は頑張って作ってみてください。

慣れてくると3分くらいで1曲作れるようになりますよ!


スポンサーリンク




1.元音源をWAVファイルに変換する



まずはWAVファイルを用意します。

最近の音源としてはMP3が主流ですが、アップルユーザーであればiTunesでAACファイルが多いかも知れません。

音源がMP3かAACのファイル形式の場合はiTunesでWAVファイルに変換します。

まずiTunesを起動します。



つぎにiTunesでファイル変換の設定をします。


「編集」>「設定」をクリックしてください。

「一般」の中にある「インポート設定」をクリックします。

「読み込み設定」が開きますので「インポート設定」を「WAVエンコーダ」に選択してください。




次に着信音にするMP3ファイル(またはAACファイル)を右クリックします。




「WAVバージョンを作成」をクリックすると、元音源のWAVファイルへの変換が始まります。


今回はサンプルとして「吉本新喜劇」MP3ファイル(2:11)を使用します。


「プロパティ」でWAVファイルの確認ができます


音源がYouTubeなどの動画サイトなどからのダウンロードの場合は、FLV形式(フラッシュビデオ)なので、えこでこツールなどを使って、WAVファイルに変換して下さい。


【えこでこツール】(無料)
ベクターでダウンロード→ http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se445019.html



2.SoundEngineFreeでWAVを編集する



SoundEngineFreeを起動します。







先ほど変換したWAVファイルをiTunesからSoundEngineFreeにドラッグ&ドロップします。

SoundEngineにドロップする


すると、ドロップした曲が波形としてSoundEngineFreeに表示されます。

「再生」タブの中の再生ボタンを押すと、曲が再生されます。



iPhoneが着信音として認識する曲の長さは30秒以内なので、まずは曲長をカットします。


何度か聞きなおして、カットするタイミングを微調整します。

前後をつなぎ合わせてショートバージョンを作ったり、フェードイン、フェードアウトも設定できます。


とりあえずサンプルの「吉本新喜劇」を2分11秒から、わかりやすく30秒にカットしました。


↓↓詳しい使い方はコチラをどうぞ




WAVファイルの編集が終わったら「保存」をクリックします。


すると自動的にiTunesのファイルが書き換えられます。


※さらに編集、手直しをする場合は「元ファイル」を残すために「名前をつけて保存」を選んで、別ファイル名で保存するようにして下さい。



スポンサーリンク



3.AACファイルに変換する




次に出来上がったWAVファイルをAACファイルに戻します。

なぜ、わざわざ一度WAVファイルにしたのは、SoundEngineFreeの編集機能が使いたかったためです。

ではAACファイルに変換しましょう。


「1.元音源をWAVファイルに変換する」でやったようにインポート設定を変更します。


「編集」>「設定」>「一般」で、今度は「インポート設定」を「AACエンコーダ」に変更してください。





インポート設定が「AACエンコーダ」に変更が終わったら、iTunesに戻って「吉本新喜劇」を右クリックします。

先ほどは「WAVバージョンを作成」だったところが、「AACバージョンを作成」に変わっています。






そのまま「AACバージョンを作成」をクリックします。

するとiTunesのWAVバージョンの下段にAACバージョンが作成されます。

AACファイルが作成される


プロパティで確認するとこのとおりです。

プロパティ





4.Ringtone(着信音)ファイルに拡張子を変える




つぎに出来上がったAACファイルをデスクトップに移動させます。

やり方はiTunesに表示されている「吉本新喜劇」のAACバージョンの字をデスクトップへドラッグ&ドロップするだけ。

とりあえず拡張子を書き換えるだけなので、どこでもいいです。


デスクトップに移動させると、こんな感じになります。



僕の場合、音楽ファイルのデフォルト設定がRealPlayerになっているので、こんなアイコンになっています。

「吉本新喜劇.m4a」となっています。





この.m4aが拡張子の部分でAACファイルであることを表しています。

【拡張子が表示されない場合】
>>WindowsXPで拡張子を表示させる方法(マイクロソフトサポート)
http://support.microsoft.com/kb/882195/ja




この拡張子を「吉本新喜劇.m4a」→「吉本新喜劇.m4r」に書き換えます。




警告が表示されますが「はい」をクリックします。


Ringtoneファイル

するとアイコンが変更され、アップルのRingtone(着信音)ファイルに変換されました。



スポンサーリンク




5.iPhoneに同期する




さて、いよいよ大詰めです。

つくったRingtoneファイルをiPhoneに同期します。あと少しです。頑張りましょう!


まずデスクトップにあるRingtoneファイルをiPhoneに同期するためにiTunesに戻します。


ですが、そのままiTunesに戻すと、後々ファイルが迷子になってしまうので、きちんとファイルごとに整理しておきます。


マイドキュメントに「iPhone Ringtones」というフォルダがあるので(無い場合はつくって下さい)、デスクトップから移動します。




「iPhone Ringtones」フォルダに移動したら、今度はiTunesに「吉本新喜劇.m4r」をドラッグ&ドロップします。


RingtoneファイルをiTunesへ移動する



「ライブラリ」にある「着信音」タブをクリックすると、ファイルがiTunesに取り込まれたのがわかります。

m4r-encord-9.png




さて、ここまでできたら後はiPhoneと同期するだけです。


着信音の同期はドラッグ&ドロップで行います。




着信音ファイルをドラッグ&ドロップすると同期が始まります。



同期が終わったらiPhoneの「設定」から「サウンド」で同期ができているか、確認します。




OKです!!


この方法で、いろんな自分好みの着信音をつくることができます。

またios5からメール着信音もカスタムが選ぶことができるようになったので、効果音などを組み合わせてまわりを驚かせるような着信をつくって下さい♪


作った着信音の音量が小さい場合やフェードイン・フェードアウト、カット&ペーストなどSoundEngineを使えば、もっと細かい調整ができるので、いろいろと試してみてください。






参考になりましたでしょうか?
「iPhone4と僕」に1クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ




▼▼無料でiTunesカードを手に入れる方法

>>格安SIM(mineo)で携帯代が月々980円に!!





>>有料LINEスタンプをタダで手に入れる方法


| 着信音 | 06:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |